セミリタイアに必要な食費の節約は自炊することが大切だと思う。

スポンサーリンク

若いときは給与も安い

晴れて社会人になっても若いと給与は安く、お金を貯めるのは難しいと思います。

そして、学歴や会社などにもよると思いますが、新卒でもらえる初任給としては「15~20万前後」が相場だと思います。

そこから、社会保険、雇用保険、その他もろもろを引かれると、手取りにすると「12万~16万」といった感じになると思います。

もちろん、残業や休日出勤などをすれば、その分が給与にプラスアルファされますが・・・

それでも先輩や上司などと給与を比べると、給与は少ない額になると思います。

一人暮らしだと貯金は難しい。

そして、実家暮らしなら給与が少なくても、ある程度の貯金もできると思います。

しかし、一人暮らしとなると、家賃、食費、水道光熱費、通信費など、いろいろなものが、生活費として掛かることになります。

そこで、思うようにお金が貯められない。ということもあると思います。

ということで、若いときの一人暮らしは、給与のことなどを考えると、生活が苦しくなることもあると思います。

20代の貯金いくらのアンケート

一人暮らしをしている「20代以下の若者」に「どのぐらいの貯金がありますか?」と、アンケートを取ったところ・・・

100万以下という人が、一番多かったそうです。

その結果で思ったのは、私も20代のときは、貯金が100万もありませんでしたので・・・

いつの時代も20代というのは、貯金が少ない年齢というか時期なのだと思いました。

そして、100万以上の貯金がある人に「どうやってお金を貯めたのですか?」と、いろいろなことを聞いたところ・・・

多くの人は「外食をせず自炊している」と答えたそうです。

節約には自炊が最強か?

そこで、外食を自炊に替えれば、浮い食費を貯金に回せると思います。

特に、日頃から外食が多い人は、自炊を心掛けることで、より多く貯金が出来ると思います。

また、例えばコンビニで弁当を買うと「500円前後」はすると思います。

しかし、自炊すれば「200円前後」か、もしくはそれ以下で済むと思いますので、少なく見積もっても「約300円」は浮く計算になります。

そして、1日300円(一食分)浮くと、1ヵ月で1万、1年で12万、10年で120万になります。

セミリタイアには自炊が不可欠!?

また、朝・昼・晩の三食全てを自炊に替えれば、食費がそこそこ浮くと思います。

そして、食費の節約には、自炊が最強かどうかはわかりませんが、自炊すれば少なくとも、家計に優しくなると思います。

そして、本題が遅くなりましたが、セミリタイアすると普通に働いているときよりも、使える時間は多くなると思います。

そこで、その使える時間を利用して自炊すれば、セミリタイア資金を少しでも減らさずに済むと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

セミリタイア
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ