宮迫さんのYouTubeの登録者数が100万人突破とか凄いね。

スポンサーリンク

宮迫さん登録者数100万人突破

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(50)が5日深夜、自身のツイッターを更新。

YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」の登録者数が100万人を突破したそうです。

一言「凄いな」と思いました。

今となっては記憶が薄れていますが、当時多くの人から批判を受けたにも関わらず…

チャンネルを開設してからわずか半年で、100万人突破とか凄いとしか言いようがない。

それだけ需要があった。ということだと思います。

ちなみに私はといえば、最初に放送した謝罪配信も、その後に放送した配信も、一度も見たことがありません。

この流れは今後も続くと思う

その理由は、宮迫さんが嫌いというわけではなく、単に見る機会がないというか、見る暇がないからです。

ですので、宮迫さんが今どんな配信をしているか、私は一切知りません。

また、この流れは今後も続くと思います。

例えば、今話題の多目的トイレで有名になった某芸人も、そのうちYouTubeデビューすると思います。(予想)

そして、YouTubeの何が良いのかというと、見たくない人の配信は、一切見なくて良いことだと思います。

一方テレビだと、誰かと一緒に出ていることが多いので、見たくなくても見ざるを得ません。

嫌でも見ざるを得ない

例えば、好きなドラマを見ていて、嫌いな俳優が出ていたとします。

そこで、その俳優が嫌いでも好きなドラマなので、嫌々でも見るしかありません。

それでも録画して嫌いな俳優の場面(シーン)を早送りで飛ばす。という方法がありますが…

そうすると最悪ドラマの内容がわからなくなってしまうこともあると思います。

そこで上記に書いたように、嫌々でも嫌いな俳優を見るしかないということです。

また、お笑い番組なども嫌いな芸人が出ていても、ドラマ同様に見なければならないときもあると思います。

嫌なら見なければ良い

その点YouTubeならば、嫌いなら見なければ良いので、そういった点が良いと思います。

また、テレビより多少過激なことをやっても、許される部分もあると思います。

そこで、芸人などによっては、テレビよりYouTubeの方が合っている。という人もいると思います。

ただしYouTubeについては、芸人とかタレントという看板があるから、登録者数が増えるのであって…

一般人がやったとしても、登録者数がそう増えることはないと思います。

むしろ、芸能人のYouTubeを見て、自分にもできると思って(勘違いして)、やる人も多いと思います。

長く続けるのは大変なこと

しかし実際にやってみると、ほとんど人が集まることはなく、多くの人は途中で挫折して止めてしまいます。

それがYouTubeの現実だと思います。

また、これはYouTubeのことだけでなく、ブログにもいえることで、ブログを始める多くの人は…

早い人だと1週間とか1ヵ月とか、長くて半年もてば良い方なのではないでしょうか?

実際に統計を取ったわけではありませんが、ブログを始めた8割以上の人は、1年以内に消えていると思います。

それだけブログを長く続けるというのは難しく、ましてやYouTubeだと、さらに続けるのは難しいと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました