節約で安さばかりを追及すると結局は損をすることになる!

スポンサーリンク

安かろう悪かろうは損

日常的に節約を考えている人などは・・・

とにかく安いものを買おうとか、安いお店を使おうなどと、常に考えていると思います。

しかし、安いことばかりを追求して考えて、買い物するとなると・・・

時として、返って損することにもなりかねない。ということがあると思います。

それは、安かろう悪かろうになってしまい、結局のところ損をすることも多いからです。

その例を以下に書きたいと思います。

行きつけが一番1番良い

例えば、美容院や床屋などは、誰でも行きつけの場所があると思います。

そして、行きつけの床屋に行けば、店員は私のことを覚えていて「いつも通りに!」といえば、店員も慣れたもので、いつもと同じようにカットしてくれます。

しかし、安いからと他の新しい床屋に行けば、自分の好みの髪型をいちいち、いちから全て説明しなければなりません。

そして、説明するだけでも面倒なのに・・・

自分の思うようにカットしてくれれば良いと思いますが、新しい床屋だと満足するカットにならないこともあると思います。

そのことで、満足する髪型になることはなく、髪が伸びるまで不満のままで過ごすことになります。

そして次回からは、また行きつけの床屋に戻ることになります。

安ければ良いというものではない!

その他にも、安いからといつも食べている食べ物とは、別の食べ物を買うとします。

そこで、安く買った食べ物に満足できれば良いと思います。しかし、その食べ物がマズイとか、おいしくないとなれば・・・

たとえ安く買えたとしても満足することはなく、場合によっては捨ててしまうなどで、食べ物が無駄になってしまいます。

とにかく、おいしくない物を無理して食べるよりも、おいしい物を食べた方が、心も気持ちも豊かになると思います。

そこで思うのは、安ければ良いということではなく、安くても満足できないものならば、むしろ多少高いお金を払ってでも、満足した方が良いということです。

一度立ち止まって考えよう!

そして「安物買いの銭失い」ではないですが、節約を考えて「安ければ全て良し!」と考えるのは、間違いだということです。

節約ばかりに目を向けていると、往々にして安いものばかりを選びがちになると思います。

それは、上記の食べ物のことだけでなく・・・

家でも車でも家電でも時計でも何でも、値段が大きくなればなるほど、失敗したときのダメージは大きくなります。

そこで買い物するときは、安かろう悪かろうにならないように、一度立ち止まって「本当にこれで良いのか?」と、考える必要があると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

節約
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました