セミリタイア後にいつまで働くか問題について考えてみた。

スポンサーリンク

セミリタイア後の仕事のこと

私はまだセミリタイアしていませんが、セミリタイア後も働くつもりでいます。

ただし、働くといっても、軽いバイト程度と考えています。

その理由は、セミリタイアしたらからといって、外に出ず自宅に引きこもるのは、精神衛生上良くないと思うからです。

また、体力的にも健康的にも、定期的に外に出た方が良いと思うからです。

その辺のことは、セミリタイアした人それぞれ、いろいろな考え方があると思います。

働く日数と時間

セミリタイア後に働くといっても、実際にセミリタイアして働いてみないことには、何ともいえないですが・・・

日数的には、週3日か多くて週4日、時間的には、1日4時間~5時間と考えています。

そして、月に6万~8万稼いで、その他の収入については、投資からの収入だったり、ブログからの収入だったり・・・

そういった収入を合わせて、セミリタイア資金を極力減らさず、60歳を迎えられたら良いと思っています。

問題は60歳以降のこと

問題は、その後の60歳以降ことで・・・

60歳以降も働き続けるか、それとも働かずに、セミリタイア資金を取り崩しながら、生活するかということです。

しかし、そもそも働くのが嫌で、私はセミリタイアしたいと考えていますので・・・

60歳以降も働くということに、何となくですが、違和感というか抵抗感があります。

とはいえ、私は元々働くことは、嫌いではありません。

働くのが嫌な理由

私が働くことが嫌いな理由は、仕事上で起こる嫌な人間関係だったり、仕事で無理難題を押し付けられたり・・・

そういったのが嫌で、働くことが嫌いになってしまいました。

しかし、正社員とかではないバイト程度で働くなら、そういったことはないのかなと思っています。

それでも、仮にバイトでそういったことがあれば、バイトという身軽な身分を考え、すぐ辞めても良い思っています。

むしろ、セミリタイアしてまで、嫌な仕事にしがみつく理由もないと思っています。

嫌な仕事にしがみつく理由はない

また、バイトなら次の仕事も見つかりやすいと思っています。

ですので、セミリタイア後の仕事については、そういった考えでいます。

そこで、60歳以降も働きたいと思える、そんな仕事に仮に出会えれば、続けても良いのかなと思っています。

ただし、お金のために多くの時間を拘束されるのは、違うと思いますので、短時間で働けるならという条件付きです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました