富裕層に人気があるワイン投資に庶民が便乗する方法

スポンサーリンク

ワイン投資について

高級ワインを購入し、じっくり値上がりを待つワイン投資が、世界の富裕層のトレンドとなっています。

また、中国の富裕層の間で09年頃から、高級ワインの人気に火がつき、価格が急騰しているそうです。

そして、ワイン投資は有価証券とは異なり、運用会社の信用リスクがありません。

また、国境を越えて資産移動や相続が可能で、しかもインフレのヘッジにもなります。

そこで、新興国の富裕層を中心に、金や不動産と並ぶ実物資産として、人気を集めています。

ワイン投資の魅力

ワイン投資の最大の魅力は…

高級ワインは、毎年の生産量が限られており、消費されるにつれ供給が減って、希少性が高まることです。

さらに、熟成されるほど価値が上がります。

そこで、ヨーロッパでは、高級ワインを担保にできるほど、古くから一般的な投資対象になっています。

特に「グレート・ビンテージ」といわれる、当たり年のワインは、長期的に確実にその価値を高めるそうです。

個人でも投資が可能

その上昇は、飲み頃のピークに向けて続きます。

飲み頃は、通常は10年以上先で、長いものだと50年以上先になることもあります。

そして、一般の個人投資家でも、ワイン投資に挑戦できます。

ワイン投資するには、海外の業者が相手になるので…

購入から売却まで、国内外の代行業者に依頼するのが、最も簡単な方法になります。

また、自分で買い付けてセラーで保管し、値上がりしたら売却することも可能です。

ワイン商サイトで買付

例えば、イギリスの「ベリー・ブラザーズ&ラッド(BB&R)」という、有名なワイン商のサイトで購入すれば…

倉庫での保管も併せて依頼することができます。

そして、値上がりしたらワイン商などに、買い取ってもらうことが可能です。

ただし、サザビーズやクリスティーズなど、有名オークションにかけるのが、最も高く売る方法になります。

特に、香港は酒税を撤廃しているうえ、中国にも近いので、高値で売却できる可能性が高いとのことです。

最後に

こういった記事を読むと、ワイン投資すれば、簡単に利益が出るように思えます。

しかし、私は酒自体ほぼ飲まないし、ましてやワインを飲んだことなど、生まれてから数回しかありません。

そこで、ワインのことが全くわからなければ、ワイン投資などといわれても、ピンと来ないというのが現状です。

とはいえ、ワインが好きな人などには、もしかしたら良い投資なのかもしれません。

ちなみに、投資には最低でも20万円程度が必要で、保管料は月1000円程度になるそうです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました