「できる人」はスマホをあまり使わない!

スポンサーリンク

スマホと仕事について

スマホと言えば、現代を生きる人の必需品になると思います。

そこで、仕事でもスマホを頻繁に使うと言う人は、かなり多いと思います。

しかし、仕事ができる人は、スマホをあまり使わないと言います。

むしろ、スマホを全く使わない。と言う人もいるそうです。

そこで、仕事ができる人はなぜスマホを使わないのか、その理由が以下になります。

スマホは便利だけど差が付かない

スマホを使えば、いつでもどこでも情報収集ができて、資料も確認できる。顧客への連絡もすぐに取れます。

でもそれって、他人も同じなので、いくらスマホを使いこなしたところで差はつきません。

また、仕事で成果を出すことと、スマホの使いこなし術には、何の関係もありません。

そこで、そう言ったことに気づいている人は、スマホでできることは他人に任せて、使用は最小限に抑えています。

むしろ非効率なことに、意識を集中させているそうです。

スマホを使わず差を付ける

例えば、スマホで検索している時間があったら、実際に人に会って話しを聞く。

メールやチャットするところを手書きの手紙に変える。

そうやってスマホではできないことや、他人が面倒くさくてやりたがらないことをやる。

そして、人に会えば、誰もがアクセスできる情報ではなく、独自の情報を仕入れることができます。

また、お礼のメールをするにしても、手書きのほうが印象が強く残ります。

そういう行動こそが、自分だけの新規顧客を開拓したり、他人と差をつけるのです。

DMより手紙の方が反応が良い

確かにスマホを使うことで、効率がよくなる部分もあるでしょう。

ただし、スマホでできることは、所詮、単純作業です。

そして、単純作業のスピードを上げたところで、仕事の成果につなげるには限界があります。

例えば、新規顧客を開拓する際に、手紙を便箋に3~4枚書いて、企業の社長宛に100社送ったところ・・・

ぜひ会いたいという電話が、30社からかかってきたそうです。

しかし、ダイレクトメールでは、通常1%も反応があればいいほうです。

最後に

また、はじめて取引した企業から入金があったときに、お礼状を手書きで送りました。

すると、先方が感激して3か月の契約が、3年に延びたこともあったそうです。

と言うことで、ライバルに差を付け出し抜くには、人と違うことをすることが重要です。

とは言え、確かに言っていることはわかりますが、上記のことを実際にやるとなると、手間暇がかかることになります。

そこで、簡単に済ますことができるスマホに、多くの人が頼ってしまうのだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事・副業
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました