生活保護受給者がいう健康で文化的な生活の意味がわからない。

スポンサーリンク

私には意味がわかりません。

独身の場合、生活保護費が月10万円以上支給されていて、かつ医療費など控除されるモノが多くある中で…

月10万円では健康で文化的な生活が送れない。といっている生活保護受給者の言い分というか意味がわからない。

上記の動画を見ると、月11.5万円の生活保護費の支給では足りない。といっていますが…

そもそも家賃5万円が高いのであって、それをして足りないのはある意味当然だと思います。

月10万円でも不自由はない

私は、月10万円前後で生活していますが、特に不自由なく普通に暮らしています。

もちろん、贅沢な外食とか旅行で高級旅館に泊まるとか、月10万円前後の生活費では、そういったことはできませんが…

それでも今の生活に大きな不自由はありませんし、比較的好きなことができている環境だと思います。

さらに月10万円ではなく、今以上に切り詰めて生活することも可能です。(今は働いているので、切り詰めていませんが…)

それをして、月10万円以上の生活保護費が支給されていて、なぜに足りないというのか?

私が思うにそういった人は、どこかで出費が多くなっているのだと思います。

生活保護費は高い

生活保護については、いろいろなことで賛否両論が分かれていると思います。

その一つに「生活保護費が高い」というのがあると思います。

そこで政府は、生活保護費を下げる方向で、現在動いていると思います。

また、世間一般から見ても生活保護費は高い。との意見が多いのも事実です。

それは、独身の場合の生活保護費は、現在月10万円~13万円の支給となっているからです。

この月10万円~13万円の支給は、フリーターでフルタイムで働く手取りと、そう変わらない金額だと思います。

そういったことなどを踏まえて、生活保護費は高いといわれています。

実際の支給はもっと多い

さらに、生活保護を受給している場合、医療費無料、住民税無料、NHK料金免除、介護サービス無料…

公共交通機関の割引、葬儀費扶助、葬儀参列者への交通費支給など、控除されるモノが数多くあります。

(詳しくないので、上記の内容が違っていたらスイマセン)

そういったのを加味すると、上記では独身の場合の生活保護費は、月10万円~13万円の支給と書きましたが…

実際には月15万円~20万円支給されているのと何ら変わらない。

さらに、医療費が高いなど人によっては、それ以上支給されているのと同等の人もいます。

こういったのを知ってしまうと、やはり生活保護費は高いといわざる負えないと思います。

過保護過ぎでは?

生活保護は、国で保障されている制度ですので、必要な人は使うべきだと思います。

しかし、今までコツコツと働いてきて、その蓄えで生活している人などからすると…

頭では、生活に困っている人を助けたい。と理解しているのですが「何か納得できない」と思ってしまうのも事実だと思います。

それは、真面目に働いている人がいる一方で…

今まで自堕落に生きてきて、それで生活に困ったから生活保護というのは、どう考えても不公平だと思ってしまうからです。

ですので、生活に困っている人がいれば、助けてあげたいと思う反面…

健康で文化的な生活とはいえ、ここまで過保護にする必要あるの?と思ってしまうところがあると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました