10万円給付金もらうなと生活保護バッシングが起きる理由

スポンサーリンク

生活保護受給者は怠けている?

以下、ヤフーニュースの抜粋になります。

新型コロナウイルス対策として、国が支給する1人10万円の特別定額給付金を巡って、一部で「生活保護バッシング」が起きている。

10万円支給について、意見を求めた読者投稿コーナーに「働かざる者、10万円もらうべからず」という趣旨のコメントが相次いだ。

一番大きいのは、妬み、そねみ。自分は頑張って働いているのに、何で「怠けている人」に生活保護や10万円まで与えるんだという思いがある。

生活保護の受給資格がある人のうち、実際に受給している人の割合(捕捉率)は推計2割程度とされる。

受給せず「頑張っている」人や、努力して貧困から抜け出した人には、受給者は「怠けている」と映るのかもしれない。

頑張っても報われない

厚生労働省のデータによると、今や労働者全体の「約38%」を占める非正規雇用。

長時間働いても、正社員との賃金格差は大きい。

そして、蓄える余裕がないから、さまざまな資格を得ようと勉強し直して、正社員を目指すことも難しい。

病気やけがをすれば、正社員のような企業からのサポートは受けられず、生活保護が必要な状況に追い込まれやすいのだ。

さらに、困窮する家庭の子どもは教育投資が受けられないなど、頑張れば報われるという自尊感情が育ちにくい環境にある。

前向きにチャレンジできなくさせられる。それが貧困なんですと訴える。

余裕がない労働者

生活保護は、国が国民に最低限度の暮らしを保障する、最後のセーフティーネット。

憲法の生存権を持ち出すまでもなく、当たり前の権利だ。

なのに世論は、バッシングと反バッシングの間を感情的に行き来してしまう。

その根っこにあるものとして「労働倫理の異常な高さ」を挙げる。

24時間戦えますかと、頑張って高度経済成長を果たした日本では…

今もなお、定時に退社したり、余暇を楽しんだり、仕事を辞めて次の職をゆっくり探したりする「余裕」が許容されにくい。

不公平だと感じる気持ち

上記を読んで、確かに働いている人からしたら、一生懸命働いて税金も納めているにも関わらず、給付されるのは10万円

一方、生活保護は働いておらず、税金も納めてない。また、医療費など多くの控除があり、そういった部分も大きいと思います。

それでも給付されるのは、働いている人と同じ10万円です。

そして、その両者を比べると、どちらも10万円という同じ支給額に、不公平だと感じる人もいると思います。

また、私も現在働いていますので、不公平だと感じる気持ちがわかります。

しかし、働けないから生活保護を受けているのであって、そういった人の気持ちを考えるべきだと思います。

最後に

そして、なぜこういった議論が毎回というか、定期的に起こるのか?

それは、生活保護を支給されている人の中には、明らかにおかしいと思う人がいるからです。

例えば、普通に生活できるにも関わらず精神障害などの理由で、生活保護もしくは障害者年金を支給されていたり…

また、支給されたお金をギャンブルやお酒など、嗜好品などに使ってしまう人とか、そういった人がいるからです。

そして、そういった人がいると、ニュースなどで見たり、人伝えで聞いたりすると…

新型コロナウイルスの給付金が、働いている人と同じ10万円というのは、不公平だと思う人もいると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

政治・経済
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました