生活保護を頑なに拒む52歳男性の持論について

スポンサーリンク

貧困強制社会

現代の日本社会は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっています。

そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難になるな「貧困強制社会」です。

そして、週3回の人工透析を受けながら、月額約6万円の障害年金で暮らすMさん

「生活保護をもらうのは後ろめたい」と語っているそうです。

また、生活は毎日苦しく、税金は毎回遅れて支払っています。とも語っていたそうです。

Mさんの暮らしぶりについて

Mさんの生活は厳しい。

今夏、クーラーを使ったのは、熱帯夜が続いた8月のある夜の1時間だけ。

トイレは、水道代を節約するため、近所のコンビニで借りる。

食事は、閉店間際のスーパーで、半額に値引きされた総菜

風呂がないので、週1、2回だけ銭湯に通う。携帯や公共料金の支払いも滞りがちだ。

健康で文化的な最低限度の生活からは程遠いのに、Mさんは生活保護を利用するのは「恥ずかしい」と言う。

顔向けできなくなる

Mさんいわく、親戚の中には、都庁に勤めている人もいますから。

生活保護なんていったら、顔向けできなくなっちゃうと語る。

日本に根付く「生活保護」に対しての概念、それは生活保護は「恥」であるということ。

また、身体を壊して働けなくなった60代の独身男性は、故郷に帰りたいけど、生活保護では世間体が…

年金をもらえるようになったら、故郷に帰りたいと語っていたそうです。

生活保護は「甘え」「税金泥棒」

生活保護は、受給自体が悪であるといわんばかりの空気が蔓延しています。

また、生活保護受給者に対して、ネット上では「甘えている」「税金泥棒」などの言葉があふれています。

こういった空気が蔓延している中で、生活保護を受給するのは、後ろめたいとか悪いなどと思う人もいると思います。

確かに、生活保護をもらいながら、贅沢な暮らしをしている人もいます。

また、生活費のことだけでなく生活保護のお金で、ギャンブルをしている人もいます。

つい文句をいってしまう

そういったことを知ってしまうと、自分が払っている税金がギャンブルに使われるなんて!と思う人もいると思います。

そこで、上記に書いた甘えとか税金泥棒などと、つい言ってしまうのだと思います。

そして、私も少ないですが税金を払っていますので、そう言いたくなってしまう気持ちは、良くわかります。

しかし、そういった人は、一部の人だけだと思います。

そして、生活保護を受給する多くの人は、無駄遣いなどせず、細々と真面目に暮らしていると思います。

生活保護は見直すべき

そこで、本当に生活保護が必要ならば、恥ずかしいとか悪いなどと思わず、利用すると良いと思います。

ただし、生活保護が必要でない人まで、受給している例は多くあると思います。

そこで「需給資格をもっと厳しくしろ!」とか「お金ではなく現物支給にしろ!」などの声が多くあります。

また、医療費が無料だったり、他にも優遇されることがありますので、そういった点も見直すべきとの声もあります。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貧困・貧乏
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました