生活保護でも幸せと訴える33歳の女性に記事について

スポンサーリンク

生活保護を受給しているNさん

数日前に、ある生活保護の記事を読んでいて考えるところがあり、以下にその内容を説明したいと思います。

Nさん(33歳・女性)は、2年前から生活保護を受給している。

最寄駅から徒歩圏のアパートで一人暮らし、古い木造住宅で、家賃は「月3万8000円」になるそうです。

ただし、生活保護には「住宅扶助」(上限あり)がありますので、家賃は実質「無料」になります。

また、Nさんは「月8万円弱」の生活扶助で暮らしていて、「鬱病」(うつ病)が悪化して、生活保護を受けたそうです。

お金のやりくりが苦手

しかし、どうしてもお金のやりくりが苦手だった。

そして、必要のない洋服や小物などを買ってしまい、お金を使いすぎてしまう。

そんなことで、生活はいつもギリギリで、先月は月の半分もいかないうちに、お金がなくなってしまった。

電車賃すらなくなってしまい、食べるものがなにも買えなくなった。

そのとき絶望感に襲われて、強く死にたいと思ったという。

死のうと思うも…

本当に死のうと思って、直前に就労支援センターに電話したんです。

(就労支援センターとは、障害者の暮らしや仕事などについて、総合的な支援を行っている機関になります。)

そしたら、すぐにスタッフが駆けつけてくれて、精神科の病院に連れていってくれた。

手首の動脈を切ろうと決意して、切る直前で死なないで済みました。

それで入院しましたが、退院して元気になり仕事も見つかったので、再来月には、生活保護から抜けることができそうです。

生きてもいいと思えるようになった。

生活保護になり生涯弱者として、生きなければならないと絶望していた。

それでも、就労支援施設のスタッフに支えられ「自分は生きてもいいと思えるようになった。」といいます。

身近な人に、電話でSOSを伝えただけで、自死を思いとどまり治療する方向に向かった。

また、Nさんが生活保護になってしまった理由は、借金で自己破産したこと。

その他にも、連日の長時間労働などで鬱病になってしまったことが、原因とのことでした。

最後に

一生懸命働いても給与は上がらず、そんな状態でいると、生活保護の方が幸せなのかなと思ってしまう。

しかし、希望する全ての人に生活保護を支給するのは、国の財政に関わる問題になります。

そして、タイトルの「生活保護でも幸せ」などといわれては、税金を払っている人は、納得しないと思います。

生活保護とは、生活支援などを受けながら治療に専念して、最終的に自立するのが目的の制度だと思います。

そこで「生活保護でも幸せ」というタイトルに、私は違和感を覚えてしまいました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました