早稲田卒でも40代で年収120万の転職10回で見た現実

早稲田卒でも低収入の青木さん

早稲田卒の青木俊行さん(仮名)は、昨年の年収はなんと120万円だったそうです。

しかも、青木さんの年齢は、40代だといいます。

そこで、40代で年収120万円といえば、生活的にかなり苦しいと思います。

青木さんいわく、本当は都内で働きたいのですが、父の介護があるので、実家の名古屋を出るのが難しいとのことです。

また、引っ越し資金すら貯められない状況だといいます。

介護は他人事ではない。

早稲田卒といえば、誰もが知る高学歴だと思います。

そこで、たとえ介護していても、生活は安泰だと考える人は多いと思います。

しかし、学歴に関係なく親の介護のために、低所得になってしまった。最近そんな記事を読むことが多いと思います。

それは、親の介護のために低所得になってしまった人が、実際に多いのだと思います。

そんな現実を知ると、私自身も他人事ではないと思ってしまいます。

それは、私の父は80歳を超えていて、現在歩くのもやっとな状態だからです。

杖がないと外を歩けない。

そこで、外を歩くときは危ないので、必ず杖を持参して杖を使いながら歩いています。

そんな父を見ていると、もうそろそろ介護が必要なのかなと思うときがあります。

しかし、一度でも介護をしてしまうと、介護されることに甘えてしまうと思い・・・

できる範囲で、なるべく自分のことは、自分でやるようにといっています。

ただし、それは父のことを見放しているのではなく、いざとなれば、私が介護しなければならないと思っています。

現実は厳しい。

そういったことを考えていると、現実は厳しいと思ってしまいます。

これが、仮に福祉大国のスウェーデンなどなら、もしかしたらそれほど心配しなくても良いのかもしれません。

しかし、ここは日本ですので、そうもいかない現実があると思います。

そうもいかない現実とは、本格的に父の介護をするとなれば・・・

今の仕事を辞めなければと思うし、介護のためにお金が掛かることにもなると思います。

今から介護する覚悟が必要

そういったことで、上記の青木さんも仕事にしろ介護にしろ・・・

早稲田卒の高学歴でも、学歴に関係なく苦労しているのだと思います。

そして、そういった現実を逃避するために、私はなるべく父の介護のことは、考えないようにしているのですが・・・

そうはいっても、もしかしたら数年後には、父の介護が必要になるかもしれません。

そこで、今から父の介護のことを覚悟しておく必要があると思っています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貧困・貧乏
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました