薄給で重労の介護職員が入居者をぶん殴りたくなると証言

スポンサーリンク

ぶん殴りたくなる!

以下、ある記事の抜粋になります。

職員による虐待が度々事件になる介護現場。

薄給で重労働、サービス残業当たり前のブラック職場としても知られている。

安いカネで働かせているのに「入居者には細心の注意を払え!」ですからね。介護職はとにかくストレスが溜まる仕事。

なかには職員を召使いと勘違いしている入居者もいて、ぶん殴ってやりたいと思ったのは一度や二度じゃないですよ。

そう吐き捨てるように語るのは、特別養護老人ホームで働くT氏(40代前半)。

ムチャクチャな勤務シフト

職場では、主任として介護スタッフを束ねる立場だが、月収は手取り21万円と同年代の平均よりも少ない。

一応、管理職扱いなのに、年収300万円以下ですからね。

これで残業手当がちゃんと付いているなら、今より30~40万円は多いですけど、ほぼサービス残業ですから。

本来は週休2日だったはずなのに、実際は月1~2週しか2日休みになりません。

それどころか、人手不足で夜勤の後に「日勤+残業」という、労働基準法も真っ青なシフトを組まされ…

20時間もぶっ通しで仕事させられた日もあります。

突然キレる若者

そんな職場環境ゆえに、職員たちの心身は疲弊しきっており、突然キレてしまう者もいるといいます。

夜勤から通しで昼間も仕事していた、30代の同僚が担当する認知症の入居者に…

何度も叩かれたことに激高して、平手打ちを浴びせたこともありました。

しかも「お前なんかさっさと死ね!」と、大勢の入居者がいる前で暴言を吐いてしまった。

ほかにも激務の影響で心を病んでしまい、日常的に入居者に言葉の暴力を浴びせていた職員。

寝たきりや車椅子の入居者に小突いていたり、手をつねるなどの暴行を繰り返していたケースも過去にありました。

暴行や盗みをする職員

いずれも施設側が家族と示談して、表沙汰にはなっていませんけどね。

似たよう話は、ほかの施設で働く同業の友人からも聞きますし、決して珍しいことではないと思いますよ。

しかも、こうした虐待以外にも悪事に手を染める職員もいたとか。

前に働いていた別の施設ですが、入居者の部屋からお金を盗んだ職員もいました。

正社員でも手取りで月16~18万円。

生活もギリギリですから、思わず盗みたくなる気持ちもわかります。

辞める人が後を絶たない

上記の記事は、数年前の記事になりますので当時と比べると、今の介護現場は改善されていると思います。

それでも、老人の介護をするのは、今も昔も変わらず大変なら…

それ以上に職場の人間関係で悩む人が多く、職員の入れ替えが激しいと聞きます。

職場内では罵声が飛び交ったり、イジメやパワハラなどが横行していて、精神的に強くないと務まらないと言います。

なぜそのようなことが起きてしまうのか、それは仕事の内容や給与などに対して、ストレスが溜まる仕事だからです。

そのことで精神的にイライラしたりして、職場の雰囲気が悪くなり、辞める人が後を絶たないそうです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました