ブログを10年以上書いていても未だにわからないことがある。

スポンサーリンク

ブログを書き始めて10年以上が経つ

私は、このブログ以外にも、いろいろなブログを書いていて・・・

一番長いブログだと、ブログを開設してから、もうかれこれ10年以上が経ちます。

ちなみに、このセミリタイアブログは、以前の古いブログを消してしまったので、正確には覚えていませんが、確か7年以上になります。

そして、ブログの記事を書いていて、未だにわからないことがあります。

それは、どんな記事を書けば、多くの人に読んでもらえるのかということです。

どんな記事が多くの人に読まれるかわからない。

このブログは「セミリタイアブログ」ですので、セミリタイアに関する記事が、多くの人に読まれるのかと思いきや・・・

セミリタイアとは関係ない記事が、思った以上に多く読まれることがあります。例えば以下の記事になります。

参考URL:日本のパンは世界で禁止されている添加物だらけでヤバイ!?

パンのことなど、あまり興味ないかと思いきや・・・

食に関することは、多くの人に興味があるということで、それに比例して、多くの人に上記の記事が読まれました。

良く書けたと思っても読まれることは少ない。

ブログを書いてると「これは良く書けた!」と、私としては、手ごたえを感じる記事を書けることがあります。

しかし、私が手ごたえを感じていても、いざその記事を公開してみると、それほど読まれることがなく終了することも多いです。

そして、そんな記事の方が大半です。

逆に上記の「日本のパンは世界で禁止されている添加物だらけでヤバイ!?」ような・・・

ブレイクタイム的な、雑談系のことを15分ぐらいで、チャッチャと書いたことが、多くの人に読まれることがあります。

記事を公開するまでわからない。

そこで思うのは、書いた記事が多くの人に読まれるか読まれないかは、公開するまでわからないということです。

そして、どんな記事が記事として、多くの人に読まれるのか。読まれないのか。

その区別が、10年以上ブログを書いていても、未だに全くわからないということです。

そして、ブログを書いている人の多くが思うことは・・・

それは、書いた記事をどうせ世に公開するなら、多くの人に読んで欲しいと思うことです。

最後に

しかし、多くの人に読んで欲しいと苦労して記事を書いても、苦労して書いた記事が、多くの人に読まれることは、少ないと思います。

そこが、ブログを書いていて苦労するところでもあり、ある意味楽しいことろでもあると思います。

そして、私はどうしたら多くの人に読んでもらえる記事になるのかと、そんなことを思いながらブログを書いているのですが・・・

しかし、その答えはブログを10年以上書いている今でも、わからないということです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!