うつ病発症で年収がダウンしてしまったリアルな現実について

うつ病になってしまったAさん

ある記事を読んでいたところ、私と世代的に近い人の記事が載っていたので、興味深く読ませて頂きました。

その記事の内容は以下になります。

Aさんは、30代後半のときに仕事の環境が合わず、うつ病を発症してしまいました。

そのことで、会社辞めて2年間引きこもることになります。

その後、社会復帰しましたが、年収が大幅にダウンしてしまったという記事です。

最近多いうつ病の記事

その年収は170万と少なく、今後の生活のことなどを考えると、生活するにはギリギリの年収だといいます。

最近、うつ病などの精神疾患を患い、会社を辞めてしまった。そんな記事を読むことがとても多くなりました。

それは、そのような病気にかかる人が、最近多いということだと思います。

そして、最近では「ブラック企業」などの言葉もあり・・・

そういった企業が多くあることが、うつ病などを病気を発症する原因で、多く記事されているのだと思います。

うつ病になるのは真面目な人

また、私自身も以前の会社でパワハラされ、うつ病手前までいったことがあります。

そこで、うつ病になる人の気持ちが、少なからずわかるつもりです。

そこで思うのは、私もですが・・・

少しでも仕事で隙(すき)を見せてしまうと、そこに付け込まれてしまい、多くの仕事を押し付けられることになります。

そのことで真面目な人ほど、多くの仕事を抱え込むことになります。

そして、真面目なことが災いして他の人に頼ることなく、全てを自分でやろうとしてしまうと思います。

両親がいるから生活できる現実

そして、あれよあれよという間に、抱えきれないほどの仕事量になってしまい、最終的にパンクしてしまう。

そして気付いたときには、うつ病になっていたということ多いと思います。

そして話しは戻って、Aさんの話しになりますが・・・

現在のAさんは両親と同居していて、少なからず両親の援助があるので、何とか生活できているそうです。

また、そのことで年収が少ないながらも、貯金もできているそうです。

生きて行く自信がない!

しかしこれが一転して、両親が倒れてしまったら「生きていく自信がない!」といっているそうです。

それは、自分のうつ病のことや、年収が低いこともありますが・・・

さらに両親の介護もとなると、とてもやって行ける状態ではないとのことです。

そして、私自身も両親が高齢になりますので、両親の介護のことを心配するのは、人ごとではないと思っています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貧困・貧乏
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました