低資金でセミリタイアするには不労所得が必要だと思っています。

スポンサーリンク

低資金でセミリタイアについて

セミリタイアした人の中には、低資金でセミリタイアしたという人もいると思います。

そんな私も低資金でセミリタイアしたいと考えています。

なぜ低資金でセミリタイアなのか、それは資金のことばかり考えていると、セミリタイアする時期が遅れてしまうからです。

以前はできることなら5000万円貯めてから、セミリタイアしたいと考えていました。

しかし、今の私の給与などの収入を考えると、5000万円は絶望的に不可能な額になります。

3000万円貯めるしかない!

低資金でセミリタイアといわれても、人それぞれ低資金の意味合いは違うと思います。

そして、今の私の現状を考えると、セミリタイア資金は「3000万円」というのが、妥当な数字になると思っています。

ということで、3000万円貯めてセミリタイアしたいと、私は考えています。

ただし、3000万円という数字も現状を考えると、私には厳しい額になります。

そこで考えるのは、仮に3000万円貯まらなかったとしても、セミリタイアする方法です。

不労所得があれば…

その方法とは、相応の不労所得があれば、たとえ3000万円がなくても、セミリタイアすることは可能だということです。

不労所得とは、大まかに説明すると「労働する必要がない所得」になります。

それは、アフィリエイトだったり、株の配当だったり、FXのスワップだったり・・・

それ以外では、不動産の賃貸収入だったり、最近流行りのyoutuberだったり、書籍や音楽などの印税などになります。

そして、その手の収入が多くあれば、低資金でもセミリタイアは可能だと思います。

私の不労所得

現状で、給与以外の私の不労所得は、ブログの広告収入、IPO投資、優待クロス、FXのスワップ、治験などになります。

しかし、治験などは不労所得といえるか不明です。

そして、それらを合計すると、そこそこの収入に見えますが、どれも小さな収入になります。

それは、不労所得というにはおこがましいというか、恥ずかしい額になります。

そこで、上記の収入がもう少し増えてくれると、不労所得と考えても良いと思います。

最後に

今の私のセミリタイアへの課題は、3000万円を貯めるか、不労所得を増やすか、その二択になります。

もしくは、宝くじで一等に当選してくれれば、セミリタイアは可能だと思いますが、それはない話しだと思います。

ということで、今の私の現状は3000万円もなければ、不労所得も少ないので・・・

悲しいかなセミリタイアできずに、地団駄(じだんだ)を踏んでいる状態になります。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました