年収550万なのに家を買って倒れた40代の悲劇とは?

スポンサーリンク

ロスジェネ世代について

バブル崩壊後の93~05年の就職氷河期に、社会に放り出されたロスジェネ世代

その後、キャリア形成期にデフレになり、給料が上がらないまま、現在に至っています。

就職、結婚、資産形成など、人生におけるさまざまな局面で、辛酸を舐め続けた世代が、ロスジェネ世代になります。

そんなロスジェネ世代が、新たな問題に直面しています。

ちなみに、ロスジェネ世代は、およそ「2000万人」いるといわれているそうです。

年収550万で5000万の家を買う

大手電機メーカー社員の山内巧さん(仮名・40代)

年収550万ながら、5年前に東京・練馬区に5000万円の一軒家を35年ローンで購入した。

親や上司から「賃貸はもったいない」「資産は残そう」という助言を散々聞いていました。

結婚して、子供が生まれたら当然、家は買うものだと・・・

そして、最初はゆとりがあるローンの支払いのはずでした。

子供が生まれて家計は火の車

しかし、2人目の子供が生まれ、教育資金が家計を圧迫

給料は横ばいの中で、山内さんは長時間残業もいとわず、身を粉にして働きました。

しかし、今の給料だけでは生活費で全て消えてしまい、貯金が全くできない。

娘は中学受験を控えていて、会社は辞めるに辞めれない。

そのような中で、家族のために働き過ぎてしまい、疲労で倒れてしまったそうです。

必要以上に頑張るロスジェネ世代

それは、山内さんのことだけでなく、奴隷のように働き続けるロスジェネは多い。

就職難、リストラの危機など、職を失いそうな事態に、何度も直面してきた世代

そのことで、ロスジェネ世代は、必要以上に頑張り過ぎてしまう人が多いそうです。

しかし、それに見合った給料をもらっていない。

また「男が家族を養うべき」という呪縛から、逃れられず苦しんでいるロスジェネ世代は、多くいるそうです。

最後に

確かにロスジェネ世代は、何かと大変な世代だと思います。

しかし、上記を読むと家族がいるのに、年収550万で5000万の家を買うのは、少々無謀だと思います。

また先を見越して、子供が生まれることなども考えて、家を買う必要があったと思います。

そういったことを怠っていて、生活が苦しいと嘆いてみても、後の祭りだと思います。

とはいえ、ロスジェネ世代で家族がいて、家族のために一生懸命働いている山内さんは、偉いなと思いました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貧困・貧乏
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました