年収1億円overの職業の割合は半数以上が株や為替などのトレーダー

スポンサーリンク

年収1億円overの職業の割合

・株や為替などのトレーダー・・56.4%

・一流企業の給与所得者・・・・31.8%

・事業所得者・・・・・・・・・7.8%

・不動産所得者・・・・・・・・2.8%

・作家・ミュージシャン・・・・1.2%

トレーダーが半数以上を占める。

上記を見て意外だったのは、トレーダーが半数以上を占めるということです。

確かにトレーダーが多いとは思っていましたが、とはいえ半数を超えるとは、思ってもいませんでした。

また、トレーダー以外に意外だったのは、不動産所得者が少ないということです。

私が住んでいるところに、地域一体の土地を所有する大地主がいるのですが・・・

それは、親から代々受け継いだ土地で、年収億超えの人は、そういった人が多いのだろうなと思っていました。

父方の本家の話し

ちなみに、うちの父方の本家(実家)は、大きな山や畑などを所有する、地元でも知られた大地主になります。

ただし、大地主といっても田舎の土地になりますので、不動産収入などなければ、簡単に売ることなどもできないので・・・

実際の収入を聞いたわけではありませんが、収入としてはそれほど多くないと思います。

それは、その土地で農業をやっていて、農地としては大きいですが、農業だけで億越えはないと思うからです。

給与所得だけでは難しい

また、給与所得だけで年収1億円overすることは難しく、結果的に株などのトレーダーが多くなるそうです。

ちなみに、給与所得だけで年収1億円overしているのは、大手企業の社長とか会長とか、そういった人が多いそうです。

また、高給取りといわれる医者や弁護士なども、年収1千万円を超える人は少ないといいます。

さらに医者や弁護士で、年収1億円overになるには、医者ならば大病院の医院長とか・・・

弁護士ならば、世界を相手にする国際弁護士とか、そういった限られた人になるそうです。

最後に

年収1億円overの人は年々増えていて、現在の人数は「2万3千人」を超えるそうです。

そして、年収1億円overといわれると、夢のような話しになると思いますが、2万3千人といえばそこそこいると思います。

そこで、年収1億円overは夢ではなく、実現しようと思えば可能なレベルだと思います。

とはいえ年収1億円overなど、そう簡単にできることではないと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました