銀行が勧める金融商品をいわれるがままに買うのは危険だと思う。

投資の相談は銀行が良いのか?

投資の相談をしようと思い相談するところで、一番初めに頭に浮かぶというか思いつくのは、銀行になると思います。

それは、お金に関するスペシャリストは、銀行という図式になっているからです。

そして、お金を銀行に預けているだけでは、大した金利は付かないというか、ほぼ金利は付かないと思います。

そこで、少しでも有利に資産運用しようと思い、銀行に行くことになります。

そこで、銀行に資産運用したいなどと相談すれば、銀行員がいろいろな金融商品を紹介してくれると思います。

銀行員の勧める商品は不安

しかし、そこで紹介される金融商品といえば・・・

手数料(信託報酬)が割高だったり、メジャーな商品ばかりで、大丈夫なのかと不安になることもあると思います。

それは、うちの母親が上記と同じ状況で投信を買ったところ、買った投信が半額になってしまった経緯があるからです。

ですので、人によっては「銀行は信用できない」と思う人もいると思います。

そして、銀行も客商売で利益があって成り立つ商売ですので、銀行に有利な商品を勧めて来るのは、当然だと思います。

将来性という根拠は薄い

銀行に有利な商品とは、手数料を多く取れる投信や利ざやが多く入る投信など、そんなところになると思います。

そして、そんな金融商品を銀行員がいうがままに、ハイハイといって買っていては、大切なお金を失う可能性があると思います。

また、銀行員からの説明は、今後は円高になるから、円高に強い商品を購入した方が良い。

これからは、エネルギーとかバイオとかそういったものが主流になるので、その手のファンドを購入した方が良い。

そんなことをいろいろ説明してくれますが、どれも眉唾物というか想像の範囲で話していて、将来的なことを語るばかりです。

自分で調べることも必要

投資とは、全面的に相手に頼るのではなく、自分で調べたりすることも必要だと思います。

そして、相手に勧められたから買うのではなく、自分が納得して買うのが大切だと思います。

とはいえ、自分に合った投資先を探すアドバイスをくれる、そんな銀行員の話しなら、大いに聞くべきだと思います。

そこで、銀行はお金に関するスペシャリストなのかもしれませんが、銀行に全てを頼り任せ切ってしまのは違うと思います。

それは、大切な虎の子のお金のことですので・・・

お金については、自分で調べたり考えたり勉強したりで、効率良く使ったり貯めたり投資したりするのが良いと思うからです。

母親の投信の話し

ちなみに、上記の母親の話しですが、ある大手銀行の行員からの勧めで・・・

約20年前に100万で買ったのですが、毎年少ない配当金はありましたが、最終的に半額の50万になってしまいました。

そこで、このまま持っていても仕方がないと、数年前に全て売り払いました。

そして、20年間も寝かせて50万も損する投信って、とんでもない商品だったということです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

投資・株
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました