日本の高齢者の4人に1人は友達ゼロで世界一友達が少ない。

スポンサーリンク

日本の高齢者の4人に1人は友達がゼロ

日本の高齢者の4人に1人は友達がゼロで、その1人には全く友達がいないそうです。

そして、調べた諸外国の中で、日本の高齢者が一番友達が少なかったそうですが、友達と一言でいっても、いろいろな友達がいると思います。

それは、付き合いが深い友達もいれば、付き合いが浅い友達も人いるともいますので、どこまでを友達とするのかで違うと思うからです。

それをして、日本の高齢者の4人に1人は、友達がゼロだといわれても本当なのかと、少し疑ってしまうのですが・・・

友達に頼るのは恥の文化

日本では、友達に頼るのが恥と考える文化があるそうで、そのため友達を作ろうとしない人が多いそうです。

そして「家族以外に相談あるいは、世話をし合う親しい友人がいますか?」という質問に対して「25.9%」の人が「いない」と回答したそうです。

そこで、日本の高齢者の4人に1人が、友達がゼロという結果になった。ということです。

ちなみに他の諸外国では、アメリカは11.9%、ドイツは17.1%、スウェーデンは8.9%で、日本だけ突出しています。

なぜ日本だけが25.9%も突出しているのかは、上記にも書いたように、友達に頼るのは恥の文化があるからだそうです。

日本人は人付き合いが下手

そこで私が思ったのは、日本人は諸外国の人に比べて、人付き合い方が下手、口下手、慣れ合うのが苦手など、そういった人が多いからだと思います。

私自身も、親しい友達や知人などは少なく、飲みに行ったり食事に行ったりなどは、ほとんどすることがありません。

そして、それほど親しくない会社の人や親戚などは、面倒なのであまり話したくないというか、関わりたくないと思っています。

そういったことで、私自身も友達といえる人は、かなり少ないです。

もちろん、日本人でも誰とでも仲良くなれる、気さくな人もいると思いますが、多くの日本人は内気というか口下手というか、そのような人が多いと思います。

最後に

ただし、たとえ友達がゼロだったとしても、人生を楽しく生きられればそれで良いと、私は思っています。

そして、友達がゼロだからといって、無理に友達を作る必要はないし、友達がいることで嫌な思いをするぐらいなら、友達がゼロでも良いと思います。

とはいっても、友達は必要だと思うし、いないよりかはいた方が良いと思います。

しかし、中には面倒な人もいますので、友達といってもそのような友達なら、いてもあまり意味がないような気がします。

結局、友達がゼロでも「人生楽しんだ者勝ち!」だと、私は思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ