東京オリンピックの五輪選手村マンション用地が業者に格安で払い下げ

スポンサーリンク

選手村が格安で業者に売却

東京オリンピック・パラリンピックの選手村宿泊棟(21棟)が建設中だが、都有地だったこの敷地が、格安でマンション開発業者に売却されたことが問題視されている。

この選手村宿泊棟は、五輪後にリフォームされて分譲マンションなどになるが、はやくもこのGWからはモデルルームが公開される。

13.4ヘクタール、東京ドーム約3個分にあたる東京・晴海の同敷地はもともと都有地だったが、払い下げの際に約1500億円とも試算される破格の値引きが行われた経緯が、これまでも疑問視されてきた。

簡単にいえば、都が査定より1500億円も安く、業者に土地を売ったということ。

東京オリンピック反対

私は東京オリンピック反対です。

その理由は、東京オリンピックなどやる金があるなら、他に使うべきところはたくさんあると思うからです。

例えば、保育園が足りない問題では、保育園に入れない待機児童が多くいます。

私の知り合いに、夫婦共働きの人がいるのですが、近くに保育園があるにも関わらず、児童が一杯で入れなかったといいます。

そこで、遠い保育園に入れたことで、毎日休む暇がないぐらい忙しい日々だったそうです。

特養に入居できない問題

また、介護問題では、例えば「特養」(特別養護老人ホーム)に入居できない老人が、多くいるといいます。

そして、上記の保育園と同じで、特養に入居できなければ、待機するしかありません。

待機期間としては、早い人は数ヶ月で入居できるそうですが、長いと1~3年待たされることもザラにあるそうです。

特養に入居する条件は厳しく、基本的に早急に専門的な介護が必要な老人が先になります。

しかし、早急な介護が必要にも関わらず、特養にすぐ入居することは難しく、待機させられる人が多いという現状になっています。

オリンピックなどやる必要はない

それをして、オリンピックなどと浮かれていても良いのでしょうか?

そして、オリンピックをやる金はあるのに、財源がないからと消費税を上げるという矛盾

いってることとやってることが、あまりにも違いすぎやしませんか?

そして、オリンピック後に施設を取り壊す費用、取り壊さなければ管理するための費用

それもまた税金から支払われることになります。

やりたい人だけ金集めれば?

オリンピックがやりたいと思うなら、やりたいと思う人たちで金を出し合えばいいだけ。

それをオリンピックを反対している人からも金を取るのだから、これはNHKの徴収システムと同じ詐取の方法

そして、オリンピック終了後には、オリンピックで使った負の施設が残ります。

こんなんだから「日本はオワコン」と、多くの著名人からいわれる始末なんだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました