賃貸か持ち家か延々と続く議論にどっちでも良くねと思う。

スポンサーリンク

賃貸か持ち家か

ある掲示板を見ていたところ、賃貸か持ち家の議論が延々に続いていました。

そして、賃貸派には賃貸派の意見があり、持ち家派には持ち家派の意見があり、そのどちらが正解とも不正解ともいえないと私は思っています。

それは、賃貸には賃貸なりのメリットもあればデメリットもあり、逆に持ち家には持ち家なりのメリットもあればデメリットもあると思うからです。

ですのでぶっちゃけると、言葉悪いですが「どっちでも良くね?」と思ってしまいます。

賃貸のメリット・デメリット

賃貸のメリットは、まず住む家を気軽に替えられるというのがあると思います。それは、ライフスタイルの変化などがあっても、柔軟に対応できるということです。

例えば、結婚して今より少し大きな家に引っ越すとか、さらに子供ができたらより大きな家に引っ越すとか、そういったことに対応できるということです。

また、エアコンなどの設備のメンテナンスは、基本的に全て大家さんがやってくれますので、費用が掛かるということはありません。

賃貸のデメリットは、家賃を支払い続ける必要がある。資産として残らない。大家の都合で出て行かなくてはならないなどがあると思います。

持ち家のメリット・デメリット

持ち家のメリットは、まず資産として残るというのが大きいと思います。

賃貸の場合は、賃貸ですの資産として残りませんが、持ち家の場合は、資産として残せますので、将来設計などで有利になると思います。

また、不動産を持っているということで信用も付きますし、そのことでお金が借りやすいなどのメリットが多くあると思います。

さらに、ローンで購入した場合、ローンが終われば賃貸のように家賃を払い続けるというこもとないですし、一生に渡り家賃払いがなくその家に住むことができます。

持ち家のデメリットは、修繕費や積立金などがある。固定資産税などの税金が掛かる。気軽に住み替えられないなどがあると思います。

どちらも一長一短がある。

賃貸の場合は、毎月決まった額を払っていれば、住み続けることができますし、何かの不都合などがあれば住み替えもできますので、気楽といば気楽だと思います。

一方、持ち家の場合は、頭金やローンなどの支払いで最初は大変だと思いますが、それが終わってしまえば、あとは楽になると思います。

ただし、ローンの場合は、長いと30年とか35年とか払い続けますので、それを考えるとお金のこともですが、精神的な負担も大きいと思います。

その辺を加味して、賃貸にするか持ち家にするかを考える必要があると思います。

私の場合は・・・

あくまでも私の場合はですが、お金に余裕があるなら持ち家だし、お金がないなら賃貸と考えると思います。

今後は、移民などの移住がなければ、日本の人口は確実に減ると思いますので、賃貸物件の賃料はそれと並行して下がると思います。

ですので、今後賃貸の賃料が安くなることを考えると、お金がないなら無理に持ち家を購入する必要もないと私は思っています。

ただし、それは私の場合であって、人それぞれで考えがあると思いますので、賃貸か持ち家かどちらが良いとは、一概にはいえないと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
その他
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ