知人や知り合いが多い人は年収が高くなる傾向がある事実とは?

スポンサーリンク

仕事を探すには知人や知り合いは多い方が良い

知人ないし知り合いを通じて職を得た労働者は、企業と直接接触して職を得た労働者より、平均で「6%」も高い年収を得ているそうです。

それは、人脈が豊富であることで、比較的高い年収の職を紹介できる人と繋がっている可能性が高いからだといいます。

また、人脈が多いことで、仕事を選択する幅も広がるといいます。

その例としては、現在雇用されている労働者のうち、知人や知り合いなどに、仕事を紹介してもらった人の平均給与は・・・

そうでなかった人の給与よりも、1週間当たり「約5000円」上回る結果が出たそうです。

SNSと年収の関係

また、年収700万以上の「Facebook」の友達の人数平均は「154人」になり、年収200万以下の友達の人数平均は「83人」との結果になったそうです。

それは、リア友が少ない=年収低い、リア友が多い=年収が高い、となり・・・

Facebookの友達が少ない=年収低い、Facebookの友達が多い=年収が高い、この図式が成り立つといいます。

そこで、上記の結果からSNSについても、知人というか知り合いいというかフォロワーの多い少ないで、年収格差が生まれているという事実があります。

知人や知り合いが多い弊害

しかし、知人や知り合いが多いことで、その弊害もあるといいます。

それは、知人や知り合いが多くいると、それだけ付き合いも多くなりますので、お金が出て行く機会も多いといいます。

また、人脈を広げるためには、それなりにお金が掛かることになり、それを少しでもケチると、見事に知人や知り合いが減ってしまうといいます。

そこで、人脈が多ければ年収増に繋がる可能性が高くなりますが、その分出て行くお金も多くなるということです。

ですので、知人や知り合いが多ければ良いということはなく、それには良し悪しがあるということだと思います。

最後に

人には、得手不得手があると思いますので、仕事のためとはいえ無理をしてまで、人脈を広げる必要があるのかと思うところがあります。

しかし、生活のことを考えれば得手不得手以上に、仕事のことを考え人脈を広げることも、ときには必要なことだとも思います。

そこで、私のように性格が内気で、人付き合いがとても苦手という人は・・・

無理をしてでも人脈を広げない限りは、何か特殊な能力でもない限り、高い収入というか高い年収を得ることは、難しいことなのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

給与・賃金・年収
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ