漂流家族竹下家(ザ・ノンフィクション)を見ました。

スポンサーリンク

漂流家族竹下家

ザ・ノンフィクション(フジテレビ)で放送された「漂流家族竹下家」といえば…

ザ・ノンフィクションで放送された中で知る人は多く、有名な作品になると思います。

なぜそれほどまで有名なのかというと、竹下家は常に行き当たりばったりの生活で、借金があるにも関わらず浪費が激しく…

少しでも嫌なことがあると何かと理由を付けては、すぐ仕事を辞めてしまうという典型的なダメ親だったからです。

また、他人に迷惑を掛けても屁とも思わない、そんな性格もダメな要因の一つだと思います。

とにかく、ここで私がいろいろ書いても、理解するのは難しいと思いますので…

以下の動画を見れば、私が書いている内容が理解できると思います。

漂流家族竹下家 前編

新天地を求めて、わざわざ北海道に行ったにも関わらず、紹介してもらった仕事をあっさりと辞めてしまう。

私も転職回数が多いので、人のことをとやかくいえた義理はないのですが…

家族がある身であるのなら、もう少し我慢すべきだったのでは?と思ってしまいました。

漂流家族竹下家 後編

埼玉県に戻るも相変わらずの浪費癖は直らず。下手なプライドを理由に仕事も続かず。

ここまで経済観念がない人って、ある意味病気なのかなと思ってしまいました。

さらに酷いのは生活費を捻出するために、子供たちの稼ぎを充てにしてたかる始末。

また、仕事を含めた生活でのイライラを、妻や子共にぶつけて解消するとか、親として失格だと思います。

最後に

もし北海道で我慢して仕事を続けていたら、子供たちは高校を卒業できていたと思います。

また、桜庭さんから借りた借金の2000万円も返済できただろうし、就職が決まっていた娘も普通に働いていただろうし…

全てが上手く回っていたのかなと思います。

それができないのが竹下家であって、こういった人は家族を持っべきではないと思いました。

そして、家族を持たなければ、仕事を辞めようが何しようがどう生きようが、全て自分だけの問題だし責任だし…

妻や娘などに迷惑を掛けずに済んでいたと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました