消費増税で老舗店が続々と閉店へ常連さんゴメンもう限界

スポンサーリンク

消費増税で老舗店が続々と閉店

なじみの酒屋が、ラーメン屋が・・・

消費増税を翌日に控えた30日、長い歴史に幕を下ろす家族経営の店がある。

常連客に支えられてきた小さな店にとって、軽減税率などへの対応も含めて、増税のコストはあまりに重かった。

東京都目黒区で約100年続く酒屋も30日に閉店する。

店主のTさん(66歳)は「4代目」になる。

300万円は高すぎる!

16年前にフランチャイズ傘下に入りながらも、地元の人とのつながりを大切に商売を続けてきました。

年齢的に「あと2、3年」とは思ってはいた。

閉店に踏み切ったのは、軽減税率対応のレジの導入に費用がかかり過ぎるからだ。

在庫管理などをするパソコンの交換も必要になる。

業者の見積もりでは、設備を一新すると国の補助があったとしても、300万円ほどかかることが判明した。

時代の流れ

リースにしても、6年間で約450万円かかる。

仕組みが複雑で、2014年の増税時とは全然違う。あと2、3年なのにと妻は声を落とす。

それを「時代の流れ」といってしまえば、それまでたと思います。

しかし、100年も続いた老舗店を自分の代で閉店するのは、ご主人にとって、居たたまれないことだったと思います。

それにしても、レジなどの導入に300万円もかかるとは、高すぎると思ってしまいました。

年齢的に潮時だった?

それでも、Tさんの66歳という年齢を考えると、年齢的に潮時だったのかもしれません。

ただ、あと2~3年続けたかったのなら、支払いを「現金」(キャッシュ)で対応することもできたのでは?

そんな風に思ってしまいました。

しかし、フランチャイズということなので、それは無理な相談だったのかもしれません。

また、仮に現金払いで店を続けたとしても、増税の面倒というか難しい仕組みに、戸惑うことも多かったと思います。

最後に

こういった記事を読んでいると、本当に増税が必要だったのかと思ってしまう。

確かに増税が必要な部分はあったのかもしれませんが、増税よりも先にやるべきことはもっとあったと思います。

例えば、公務員改革とか議員定数の削減とか、また東京オリンピックだってその一例

さらに、増税後に消費が落ち込むことになれば、景気が悪くなり税収は下がると思います。

そして、今度は税金(税収)が足りないからと、また数年後に増税していては、堂々巡りになるだけです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました