五輪目的でタワマンを買った会社員がコロナでローンの返済がやばい!

スポンサーリンク

東京五輪が延期

以下、ヤフーニュースに載っていた記事の抜粋になります。

新型コロナウイルスでパラダイムシフトが起きている。

株価の暴落で新興裕福層の中には、資産の大半を失う人がいる一方、生活に困っていた層の中には富を掴んだ人も。

この災厄で新しい階層と価値観は生まれるのか?

去る3月24日、コロナの影響を鑑み、東京五輪の延期が発表された。

部屋から五輪会場が見下ろせる有明のタワーマンションに住むTさんは、苦笑いしながらこう語る。

人が羨む景色

私は食品卸の会社に勤めるサラリーマンで年収は700万円ほど。

部屋は2014年末に4500万円で購入し、妻と3歳になる子供と住んでいます。

ベランダからはバレーボール、体操、モトクロスの会場が見えます。

屋外でやるモトクロス競技は、チケットなしで自宅観戦できると思っていたので、延期になってしまい残念ですよ。

部屋からは東京タワーなども一望できる。

まさにTさんは人も羨むような景色を手に入れたのだ。

妻の再就職が決まらず

しかし、そんなギリギリ上流層の彼に及んだコロナの影響は大きい。

私の会社は今のところ影響はなく、給料も変わらず。

ただ、3月末に退職した妻の再就職先が、コロナの影響で見つからず。

家計を私の給料だけでやりくりしているので結構厳しい。

今までは妻が働いていた分で貯蓄もできていましたが、それもままなりません。

将来への不安が募ります。

子供が退園の危機

当面のハードルは、6月末。

妻の就職がそれまでに決まらないと、子供が保育園を退園させられてしまう。

保育園は働いている親のためのものというのが建前だからです。

でも、子供の面倒を見ながらでは、妻の就職活動は滞り、家計はさらにひっ迫します。

せめて行政には妻の就職先が見つかるまで、保育期間を延長してほしい。

この状況だと、最悪の場合は部屋を売りに出すことも考えています。

最後に

上記を読んで、過去にこのブログに何度も書いているのですが…

マンションなどのマイホームは、無理して背伸びして購入するとローンの返済などが厳しくなり、のちに後悔することもあると思います。

その例が上記のTさんだと思います。

日本人は、なぜ無理をしてまでマイホームを欲しがるのか?経済的に無理をすれば、家計のどこかにしわ寄せがきます。

それを事前にわかっていながら、無理をしてまでマイホームを購入する人の気持ちが、私には少々理解できません。

もちろん、お金に余裕があるなら購入しても良いと思いますが、無理をしてまでマイホームって購入すべきモノなのでしょうか?

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました