タンス預金はリスクがあるタンス預金のメリットとデメリットについて

スポンサーリンク

タンス預金が今後は増える!?

現在、銀行にお金を預けていても、ほぼ金利が付くことはありません。

また、今後マイナンバーと銀行預金が紐付けされることになれば、個人の預金額など、お金の流れが丸裸にされることになります。

そこで、タンス預金をしている。もしくは、今後タンス預金を考えているという人も、中にはいると思います。

ちなみに、現在の日本のタンス預金の総額は「30兆円」を超えるといわれていて、かなり大きな額になると思います。

それは、それだけタンス預金している人が、多いということです。

タンス預金のリスク

しかし、タンス預金は、とてもリスクが大きいといわれています。

それは、まず「盗難」の恐れがあるということで、銀行にお金を預けておけば、盗難に合うリスクを避けらます。

また「火災」や「震災」などのときには、消失してしまう恐れもあります。

これもまた、銀行にお金を預けておけば、消失のリスクを避けられます。

さらに、タンス預金したのをうっかり忘れてしまい、間違えてお金を捨ててしまうなどのリスクもあると思います。

とにかくタンス預金には、多くのリスクがあるということです。

タンス預金のメリットとデメリット

タンス預金のメリットは、手元に現金がありますので、もしものときに安心だと思います。

また、銀行の倒産や閉鎖などで現金が引き出せないなど、そのようなリスクを回避することもできます。

さらに、上記に書いたマイナンバーの件で、貯金の流れなどを丸裸にされない対策ができる。ということぐらいだと思います。

一方、タンス預金のデメリットは、上記に書いた繰り返しになりますが、盗難、天災、紛失などのリスクがあるということです。

また、銀行が潰れたときなど、いわゆる「ペイオフ」のときは「1000万まで」の保証しかありません。

しかし、タンス預金ならば、そのリスクを回避することができます。

最後に

大切なお金をタンス預金にするか?銀行に預けるか?それは個人の判断になると思います。

そして、そのどちらが良いとも悪いともいえないと思います。

ちなみに、世間一般でいわれているのは、どちらが良いかといわれると、銀行に預けた方がメリットが多いといわれています。

その理由は、盗難、天災、紛失などで、お金がなくなるタンス預金の方が、銀行にお金を預けるよりリスクが大きいと考えるからです。

そして、数年前に起きた東日本大震災などを考えると、私の個人的な意見としては、銀行に預けた方が無難だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました