収入が少ないと嘆く人は節約も大切ですが収入を増やすことも大切だと思う。

スポンサーリンク

節約しても意味がない

収入が少ない人は、使えるお金も少ないと思います。

そこで、無駄な出費を控えて節約などして、浮いたお金を他のことに使いたい。と思うというのがあると思います。

それは、浮いたお金を生活費に使う人もいれば、もしくは趣味に使う人もいれば・・・

資格などの自己投資に使う人もいれば、カルチャースクールに通う人もいれば、将来のために貯金する人もいると思います。

しかし、いくら節約しても収入が少なければ、意味がないという人もいます。

収入が少ないと節約しても焼け石に水

それは、収入が少ない人の多くは、どこかで節約を強いられているわけで・・・

その節約からさらに節約しても、たかが知れていて「焼け石に水」だからです。

例えば、電気代が月5000円掛かっていたところに、節約して4500円にしたとしても、その差額は少なく500円です。

そして、その差額の500円のために使う労力は大きく、500円以上の労力になることもあると思います。

それは、同じ500円の節約でも、10000円から9500円に節約するのと、5000円から4500円に節約するのとでは・・・

そこに使う労力には、大きな差があるということです。

収入を増やす方が楽!?

それを考えると、無理がない範囲で節約して、残りの労力は、収入を増やすために使う方が良いということです。

ですので、収入が少ないことを節約でカバーすることも大切だと思います。

しかしその一方で、収入が少ないと嘆く人は、収入を増やす努力をすることも、必要になると思います。

とはいえ、そんなことはいわれるまでもなく、わかっていることだと思います。

それは、簡単に収入を増やすことができないから、節約して少しでも出費を控えるというのがあるからです。

収入は簡単に増やせない

また、収入を増やす努力をして、簡単に収入が増えるのなら、誰だってそちらの方を選ぶと思います。

しかし、それが難しいので節約する。という話しになると思います。

そこで、収入を増やすためには、転職、投資、副業などを考えると思いますが・・・

しかし、転職して収入が増えたとしても、会社が合わないとすぐに辞めてしまったり、投資しても失敗して、多くのお金を失うなど

そこには、何かしらのリスクが伴うと思います。

節約しつつ収入を増やすのがベスト

そこで、収入を増やすためのリスクを取れる人は、上記の転職や投資などで、収入を増やす努力をする。

一方、リスクが取れれない人は、節約などをして出費を抑えるしか方法はないと思います。

もしくは、リスクのないもので収入を増やす。例えば、アフィリエイトなどで、収入を増やすなどがあると思います。

そして、収入が少ないと嘆く人は、節約しつつ収入を増やすことも考えて、最終的にその2つが同時にできればベストだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

節約
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ