47歳シェアハウス在住の貯金4000万円で早期リタイアを希望

スポンサーリンク

早期リタイア希望のAさん

数年後のリタイアを希望する、40代の女性会社員(Aさん・47歳)

住居はシェアハウスのため、家賃は光熱費、通信費など込みです。

実家をもらい受けることになっていますが、築35年くらいになるので、建て替えをしなければなりません。

そして、50歳くらいまでこのペースで、リタイアするか…

それとも60歳くらいまで、生活費のみ(年間100万円)稼ぐのがよいかで悩んでいます。

リタイア資金は5000万円

Aさんの貯金は、現在「約4000万円」になるそうです。

また、さらに個人年金保険と養老保険の満期金で、合計720万円あるそうです。

そこで、50歳まであと3年働くとすると、約1000万円の上乗せが可能だとのことです。

そこで、仮に50歳でリタイアしたとしたら、資産5000万円でリタイアすることになります。

まず、50歳で資産5000万円でリタイアするのは、独身ですので可能かと思います。

セミリタイアの方が良いと思います。

しかし、生活費が年間約100万円ということで・・・

年金をもらう65歳までの15年間で、最低でも「1500万円」が必要になります。

そこに予期しない出費、例えば、病気もあれば冠婚葬祭など、急な出費を加味する必要があると思います。

さらに、実家を建て替えるならば、建て替え費用が必要になり、年金も想定より低い可能性もあります。

そこで、上記に書いてあるように、60歳まで生活費を稼ぐ「セミリタイア」の方が、個人的に私は良いと思います。

リタイアは可能だと思いますが…

とはいえ、Aさんの生活費は年間100万円と低いので、5000万円の資産あれば、リアイアは可能だと思います。

ただし、上記に書いたような、予期しない突然の出費があると思います。

さらに、税金が上がるなどのことで、生活費自体が上がる可能性もあると思います。

また、生活スタイルが何かの理由で変わるなどのことで、これもまた生活費が上がる可能性があると思います。

そこで、働くことが可能ならば、働いて少しでも収入を得た方が良いと思います。

最後に

ただし働くといっても、多くの時間を働いていては、セミリタイアにはなりません。

そこで、せっかくセミリタイアしたのですから、無理して働く必要はないと思います。

また、Aさんは50歳でリタイア、もしくはセミリタイアしたいとのことで・・・

私も同じ50歳までに、セミリタイアしたいと考えていますので、興味深く記事を読ませていただきました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました