セカンドライフを謳歌しすぎて貯蓄が減る地獄に陥った老夫婦

スポンサーリンク

貯金が目減りしていく

夫71歳、妻63歳。年金暮らし。2人の子どもは社会人。

結婚費用や趣味の旅行代などで、貯金は年々減っている。

住宅ローン(月の返済6万円、残債500万円)の繰り上げ返済をするべきか。

1200万円の貯金で投資をするべきか。

年金は、夫が月18万円、妻が6万円と、平均以上の年金を得ていても…

理想のセカンドライフを謳歌すれば、思わぬ早さで貯蓄が目減りしていく。

投資の目的を考える

投資は不確実なもの。生活費を投資に委ねるのは危険です。

投資をするな、とは言いません。しかし、まず投資の目的を考えるべきです。

投資には「稼ぐ」と「購買力を維持する」の2つの目的があります。

前者はリスクをとって、大きく儲けようとする投資のこと。

これは、大きく損をすることもあり、高齢者には勧められません。

一方、高齢者にとって一番大事なのは、購買力を維持することです。

高齢者が投資するなら物価連動型

年金は、ある程度物価と連動する仕組みになっています。

そこで、預貯金をそのまま放置しておくと、減る一方で購買力が落ちてしまいます。

購買力の維持を考える場合、最も適しているのは「物価連動型国債」だが…

現在、個人が購入するには、投資信託を通じてでしかない。

あるいは「個人向け国債変動10年」です。

発行後1年経てば、解約も可能で、途中解約しても元本割れしません。

住宅ローンをどうするか?

リスクをとる投資なら、世界中の株式に分散投資できる楽天証券の「全世界株式インデックスファンド」などがいいと思います。

そのうえで、いまだ続いている住宅ローンの返済をどうするか。

やはり、もしものために現金は確保しておいたほうがいい。

すると必然的に「稼ぎ続ける」という選択肢が浮上してくる。

ポスティングスタッフ募集のチラシを見ると、週3日・自宅周辺・24時間フリーシフトで、報酬は月3万円から。

探せば住宅ローンを返済するくらいの仕事は見つかるはずです。

身の丈に合った謳歌を考える

上記を読むと、老後を謳歌するのは良いと思います。

しかし、謳歌するにも年金や資産などが許す範囲内で、謳歌すべきだと思います。

そして、老後の資金不足を補うために、投資するとか働くなどの選択もあると思いますが…

投資することで、多かれ少なかれリスクを伴います。

また、老後に働くというのは、精神的なことや体力的なことなどを考えると、厳しいところがあると思います。

そこで、謳歌するにしても分相応とか身の丈に合うように、まずは考えるべきだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました