資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路という記事

スポンサーリンク

資産1億円ぽっちでリタイアの記事について

減らぬ残業、上がらぬ給料、日本企業の労働環境の悪化に歯止めがかからない中、自分と家族のため、相応の資産を早めに貯めアーリーリタイアを狙おうとするビジネスパーソンも少なからずいるはず。

そうした人達が「引退する当面の目安」として、古今東西、漠然と掲げているゴールが「資産が1億円を超えること」だ。

だが、「40~50代で1億円程度の資産で引退すると、やがて苦境に立たされかねない」と警鐘を鳴らすマネーの専門家がいる。

以下、投資についていろいろと難しいことが書いてありましたが・・・

要は、たとえ資産が1億円あっても投資で失敗すれば、苦境に立たされる可能性があるという内容でした。(間違っていたらスイマセン)

簡単な話しだと思う。

確かに投資で失敗すれば、1億円あっても10億円あっても、苦境に立たされることはあると思います。

しかし、投資する内容や投資する資金次第で、どうにでもなると思います。

それは、ハイリターンが欲しければハイリスクになるし、ローリスクにしたいのならローリターンになると思います。

そして、ハイリスクを取ればリターンが大きい代りに、破綻する可能性も高くなる。

それは、簡単な話しになると思います。

年齢などによっても変わる。

1億円でリタイアするといっても、リタイアする年齢もありますし、家族がいるとかいないとか、それによっても変わると思います。

まず、30歳でリタイアするのと、50歳でリタイアするのとでは、20年もの差があり別物になります。

また、家族がいればそれだけ多くの生活費が掛かりますし、独身ならば家族持ちよりは生活費は少なくて済みます。

そういったことでも、リタイアする内容も変わると思います。

そこで、資産が1億円あっても足りないという人もいれば、資産が1億円もあれば余裕という人もいると思います。

私なら67年以上生きられる。

とにかく、例えば私のような凡人が、仮に1億円の資産があったとしたら・・・

私の年間の生活費は「150万」もあれば余裕で足りますので、1億円あれば「約67年」生きられる計算になります。

ということは、私の年齢は現在40代後半ですので、投資などしなくても一生暮らして行けるということです。

ですので、仮に私が1億円持っていたとしたら、私が経済的に破綻することは、99%以上の確率でないと思います。

1億円は「ぼっち」ではない!

結局「資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路」というのは、煽りというか釣りタイトルだと思います。

それは、1億円もの資産を作れる人は、そうはいないからです。

また、1億円もの資産が作れるような人が、スッカラカンになって破綻するということは、そうはいないことだからです。

とにかく、1億円は「ぼっち」ではなく1億円あれば、リタイアするには十分と考える人が大半だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

セミリタイア
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました