年金に頼る生活を送ると将来的に2000万円足りなくなるそうです。

スポンサーリンク

年金は2000万円不足する。

金融庁は、夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦が30年間、ほぼ年金に頼る生活を送った場合、約2000万円が不足するという試算を示した。

公的年金を「老後の収入の柱」とする一方、年金が減る可能性にも触れ、若いうちから投資などをして、自ら資産形成するよう促している。

麻生財務大臣は、人生設計を考える時に100歳まで生きる前提で、退職金を計算したことがある人はいないと思う。

今のうちから考えていかないといけないと話した。

2000万円の試算内容

なぜ、2000万円足りなくなるのか、金融庁の試算内容が以下になります。

夫65歳以上、妻60歳以上の無職の世帯の場合、収入は年金の約20万円に対して、平均的な支出は約26万円

これは、年金だけで暮らしていくと、毎月「約5万5000円」不足することになる。

これを1年で見ると「66万円」の赤字で、それを30年続けた場合、単純計算すると約2000万円になる。

こういったライフスタイルに入る時点で、2000万円必要というのが金融庁の報告

年金はすでに破綻している。

年金は、働きながら毎月欠かさず払っていれば、老後は年金だけで生活できる。というのが前提だったと思います。

しかし、年度を重ねるにつれて、年金を払う財源が足りないといい始め・・・

その後、年金を払う財源が足りないからと、今度は消費税で補うから、消費税を上げさせてくれといい出す始末

そこで、すでに破綻している年金を、今後も払うべきなのかと考えるのですが・・・

また、投資などで資産形成しろといわれても、投資できるだけの資産を持たない人は、一体どうすればいいのか?

投資しろといわれても…

また、NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)を駆使してといいますが、駆使したところで、それが上手く行くとは限らない。

それでも、少ない資産を増やそうと思うなら、ハイリスクの投資をしなければならないのは、危険な投資だと思います。

また、投資しろと促しておいて、もし資産が減ってでもしたら、一体誰が責任を取ってくれるのか?

結局は「自己責任」ということになると思います。

また、2000万円と簡単にいうけど、世の中に2000万円以上の資産を持つ人が、どれだけいるのかという話しだと思います。

結局は公的資金で援助!?

仮に、今から2000万円貯めるにしても、平均年収は年々下がる一方ですので・・・

相応に高い給与の人でもない限り、2000万円貯めるのは大変なことだと思います。

そして、定年退職して2000万円なければ、定年退職後もさらに働かなければならないということです。

また、働き続けても2000万円貯まるとは限らないし、もし2000万円貯まらなければ、仕事をリタイアした後はどうなるのか?

結局は、生活保護などの公的資金で、援助することになるのだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

年金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました