買い物で節約するには3つの基本を抑える。

スポンサーリンク

買い物での節約について

節約には、たくさんのテクニックがあると思います。

そして、少しでも多く節約するには、どうすれば良いのかというと…

当たり前というか、少し考えればわかる話しだと思いますが、お金を使わないことが、一番の節約になります。

そこで、お金を使わない工夫をすれば、節約になるということです。

そして、買い物で節約するには「3つの基本」を抑えれば、節約できるといいます。

その3つの方法が以下になります。

目的なく店に入らない

ただなんとなくふらふらとお店に立ち寄ることはしない。

それは「目的なく店に入らない」ということです。

普段から「必要だから店に行く」という「目的意識」を持って、買い物に行くよう意識することが大切です。

例えば、習慣的にコンビニに行ったり、100円ショップでお得なモノはないかと探したり…

そこで長居してしまって、気付けばカゴにたくさんの商品が入っていた。なんてこともあると思います。

そういったことがないように、目的なく店には入らないことが大切です。

そのことで「無駄買い」(無駄な買い物)を避けることができます。

できるだけ買い物には行かない

一度お店に入ってしまうと、何かしら買ってしまうものです。

また、時間があると買い物の時間も増えがちで、無駄買いも増える傾向にあります。

そこで、無駄買いが多い人は「買い溜め」や「買い置き」などを利用すると良いと思います。

これは、スーパーなど実店舗だけの話しではなく、ネットショッピング(楽天やアマゾンなど)も同じことがいえます。

夜にネットサーフィンをしていたら、欲しいモノがたまたま見つかって、思わずとかつい買ってしまったとか。

そんな経験をしたことがある。そんな人も少なくないと思います。

そこで、実店舗へはできるだけ行かないようにする。ネットショップもできるだけ見ないようにすることです。

本当に必要か考える

カゴに入れる前や会計をする前に、必ず「本当に必要かどうか?」というのを意識しながら買うことです。

それをするだけで、無駄買いを減らすことができます。

また、節約を意識すると、安いものを買うことに意識が向きがちです。

しかし、安いからといって、必要ないものまで買う必要はありません。必要ないものは無駄でしかありません。

例えば、惣菜などの値引き品は、通常の2割とか3割引とかで買うことができます。

しかし、いくら安いからと買っても必要がなければ、それは無駄買いでしかありません。

最後に

とにかく、必要な物を買うことが、買い物の基本になると思います。

しかし、店に入ってしまうと、あれも欲しいこれも欲しいで、必要ないものまで買ってしまうこともあると思います。

そういったときに、本当に必要かどうかを考えることで、無駄買いを避けることができます。

そして、無駄買いを避けることができれば、自然と節約ができているということです。

何度も繰り返しますが、買い物での節約の基本は必要なものを買うことで、必要ないものは買わないことです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました