節約を始めるならまずは食費が身近で簡単だと思う。

スポンサーリンク

節約を始めたいけど何をすれば?

節約を始めたいけど、一体何から始めれば良いのかわからないと言う人は、意外と多いと思います。

私も初めはそうでした。

そこで、私のことを例にして、以下に節約(食費)について書きたいと思います。

まず、節約で身近で簡単なのは「食費の節約」と言われています。

それは、毎日食べる食事のことですので、身近であることで、比較的簡単に節約することができるからです。

そこで、節約で何から始めれば良いかと悩んでいる人は、食費の節約から始めてみてはどうでしょうか?

無駄に多く食材を買わない!

食費の節約で私が一番最初にしたのは、無駄に多くの食材を買わないことでした。

例えば、もしかして食べるかもしれないと思い、野菜だったり、肉だったり、冷凍食品だったり、いろいろな食材を買うと…

食材が多くあることで、つい食べ過ぎてしまったりしていました。

逆に、食材が多くて食べきれずに、賞味期限を切らしてしまったりして、何かと無駄が多い内容でした。

そこで、食費の節約を考えたとき一番最初にしたのは、無駄に多くの食材を買わないようにしました。

また、惣菜や冷凍食品などはあまり買わず、なるべく自炊を心掛けました。

あとは、長期保存の効く食材(パスタとか缶詰とか)を活用したり、賞味期限が切れそうだと思ったら、冷凍してしまい後から使っています。

安い食材を使う。

次にしたことは、料理を作るのに「安い食材を使うこと」でした。

それは、単に安い食材を使えば良いと言うことではなく、安い食材を使っておいしい料理を作ることを心掛けました。

例えば、麻婆豆腐などは、見た目がそこそこ豪華ですので、食材費が高そうに思いますが、実は安く作れます。

味も麻婆豆腐の素など使わなくても、自分で簡単に作れますので、安く作れる料理の一つだと思います。

また、肉は安いとき買って冷凍しておいて、食べるときに解凍して食べると、安く肉を食べることができます。

それは肉だけのことではなく、魚や野菜なども同じように活用することができます。

見切り品を利用する。

上記以外では、私は「見切り品」(見切品)を多く利用しています。

見切り品とは、スーパーなどで夜遅くとか閉店前に残っている弁当や総菜など、その日のうちに売り切るために安く売ることです。

そして、見切り品は2割引きとか3割引きとか、または半額になることも多いです。

例えば「398円」の弁当なら、半額だと「199円」で買うことができます。

そして、199円で弁当が食べられるなら、安くて自分で作る手間も省けますので、一石二鳥だと思います。

また、弁当や総菜だでけでなく、肉や野菜(生鮮食品)なども見切り品としてありますので、それも活用しています。

無駄に外食はしない。

さらに、食費を安くしようと思うなら、外食を控えて自炊することです。

食費の節約の基本は自炊から。と言う人がいるぐらい、食費の節約と自炊は、切っても切れない関係だと思います。

私が若いころは、ことあるごとに外食していて、今思えば無駄に外食していたことで、結構なお金を使っていたと思います。

また、食材の底値を覚えておいて、なるべく底値で買うようにするとか、食費を節約する方法はいろいろあります。

と言うことで、上記などを実践することで、食費の節約が比較的簡単にできると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました