1日1食生活だと食費が節約できるといわれてもね!

スポンサーリンク

1日1食でも健康に問題はない。

生活防衛として、食費を減らすことができれば、かなりの節約になる。

そこで、安い食材を探しまわるのも手だが、より食費を削るには、食事の回数自体を減らすという手段もある。

しかし「1日1食で健康に問題はないのか?」と考える人も多いと思います。

1日1食でも問題ありませんと話すのは、某クリニックの院長だ。

1日3食という固定概念は捨ててください。実は、夜の1食でも十分。

私自身、7年間1食生活を続けていますが、血液検査をしても異常はありませんと話す。

健康的になれる。

むしろ、食事の回数を減らすことでカロリーの過剰摂取も予防でき、1食のほうが健康的。

さらに、食後は血糖値が上昇して、眠気や倦怠感に襲われるのですが…

食べなければそれもなく、集中力も途切れない。効率的な仕事にも繋がるのです。

実際に1日1食生活で節約を続ける会社員のHさん(30代前半・男性)にも話を聞いた。

朝は野菜スープを飲む程度で、昼は休憩せずに仕事を続けるため食事は夜だけ。

自炊して1食300円以内に抑えています。

1日1食だと食費が浮く

月に2度ほど、同僚や友人と飲んだり外食したりしますが、それでも月の食費は1万円前後。

今まで月3万円だった食費が2万円も少なくなりました。体調もまったく問題ありませんね。

また、1日1食だと単純計算で、食事にかける時間とお金は、3分の1になります。

そして、1食だけにすると必然的に食事を充実させようとするので、体に良いものを摂取するようになります。

そうすると食事の満足度が上がります。

また、食べ物のありがたさや、味の深みなどをしみじみと感じられます。

1日1食のメリット

摂取カロリーが減ったことで、少ないエネルギーを効率的に使うので、体が軽くなります。

また、初めは慣れないかもしれませんが、いずれ空腹感を感じなくなります。

そのことで、何を食べようなどと考えることが少なくなり、物事に集中することができるようになります。

それ以外にも、ダイエットになったとか、肌がキレイになったとか、健康に気を付けるようになったとか…

また、朝の目覚めが良くなったなどの報告もあったそうです。

とにかく、1日1食生活を続けることで、上記のことも含めて、いろいろなメリットがあるとのことです。

最後に

確かに1日1食だと、食費が節約できると思いまし、その他にもいろいろなメリットがあると思います。

しかし、実際1日1食にするのは、とても大変なことだと思います。

特に、肉体労働系の体を使う仕事の場合には、1日1食では足りないと思います。

そのことでお腹が減ってしまい、逆にやる気が起きなかったり、集中力を欠いてしまうこともあると思います。

また、1日1食だと栄養に気を付ける必要もあると思います。

そこで、1日1食生活を実践するにもメリットだけでなく、デメリットも良く理解してやる必要があると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

節約
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました