5000万以上の資産を持つ世帯はどのぐらいの割合なのか調べてみた!

準裕福層について

日本で、5000万以上の資産を持つ世帯はどのぐらの割合になるのかと思い、ネットで軽く調べてみました。その図が以下になります。

ちなみに、5000万以上1億未満の資産を持つ世帯を「準裕福層」といいます。

準裕福層の割合について

上記は、少し古いデータになりますので、現在はもう少し増えていると思います。

そして、準裕福層の割合は「約8%」ということで、約12世帯に1世帯が、5000万以上の資産を持つ計算になります。

この数字見て思ったのは、結構な割合で準裕福層の世帯がいるということです。

ちなみに、資産1億以上の裕福層といわれる世帯の割合は、日本では「約2%」になり、約50世帯に1世帯が裕福層になります。

貧乏話しは盛り上がる!

そして巷では、貯金がないとか、借金してるとか、生活が苦しいとか、そういった話しが多く拡散されていますが・・・

実はその裏では、結構な資産を持つ世帯が多数いるということです。

結局、貧乏話しをした方が、話題としては盛り上がる。そこで、テレビでもネットで雑誌でも、貧乏話しが後を絶たない。

そして、貧乏から這い上がったとか、貧乏でも楽しく暮らしているとか、収入が少ないことで破綻してしまったとか・・・

そんな貧乏話しが、一番盛り上がる話しになると思います。

資産が多くても生活レベルは変わらない

しかし、5000万以上の資産を持つからといって、その世帯の生活レベル(水準)は変わらないといいます。

それは、例えば節約生活している世帯は、資産が5000万あろうが1億あろうが・・・

それほど贅沢することなく、変わらず節約生活を続けるということです。

そしてそういった世帯は、節約生活を続けていたからこそ、多くの資産を持つことができたのかもしれません。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました