人気のシェアハウスがマルチ商法の巣窟になることも!

スポンサーリンク

シェアハウスについて

近年「シェアハウス」が、人気になっていると思います。

シェアハウスとは、基本的に1軒の住居を複数人で共有する住居スタイルになります。

ハウスシェアは「ハウスシェアリング」とも言い、同居人を「シェアメイト」と言います。

シェアハウスは、リビングや台所、浴室などを共有します。

そして、各住人の個室をプライベート空間とする、共同生活のスタイルになります。

ドラブルも多いシェアハウス

シェアハウスは、仮に4人ぐらいで暮らせば、一人当たりの生活費や家事労働が、半分ぐらいになると言われています。

そして、最近のシェアハウスは、ドミトリー(相部屋)が減少しています。

その代わりに、個室と共用スペースがある物件が増えています。

そして、シェアハウスの人気が高まるにつれ、トラブルも多く発生していると言います。

例えば、最近は若い入居希望者が多く、なかにはノリで来る人もいるそうです。

そういった人の管理が行き届かずに、住人間でトラブルが起こることもあるそうです。

シェアハウスがマルチ商法の巣窟に!

また、シェアハウスが「マルチ商法の巣窟」になってしまうこともあるそうです。

例えば、新しく入居してきた住人に、あるパーティーに誘われました。

その後、パーティーに行き気分良く飲んでいると、急にある商品の説明をされたそうです。

実は彼らが参加したのは、マルチ商法の会員募集パーティーでした。

パーティーに誘われた人は、何度も勧誘されましたが、その場はなんとか断ったそうです。

しかし、安心したのもつかの間、マルチ商法の会社から勝手に商品が届いたと言います。

閉ざされた空間は怖い

その後、芋づる式にほかのシェアメイトたちも、マルチ商法に入会してしまいます。

そのことで断りづらくなってしまい、自分も入会してしまったそうです。

そして、毎晩のように入会したシェアメイトたちがリビングに集まり、作戦会議なるものを繰り広げていると言います。

また、 シェアハウスの中が、マルチ商法の商品だらけになっているそうです。

シェアハウスは、閉ざされた空間になりますので、勧誘されると逃げられないと思います。

注意すべきだと思います

それでも、マルチ商法だとわかっているなら、断るべきだと思います。

しかしそうすると、今度はシェアハウスに居づらくなる弊害が起こります。

さらに、そのことが元になり喧嘩など、住人同士でトラブルになることもあると思います。

シェアハウスと聞くと、一見すると聞こえは良く、安く住めて、話題になっていることもあり、入居したい人は多いと思います。

しかし、トラブルになることも多いので、シェアハウスに住むのは注意すべきだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました