私のセミリタイアはいかに生活費を下げるかが肝心

スポンサーリンク

私のセミリタイア資金

私のセミリタイア資金は、今のところ「3000万円」に設定しています。

そこで、ブログのタイトルにも書いてあるセミリタイアに向けて、資金3000万円を貯めることを目指しています。

ちなみに現在まで貯まっているセミリタイア資金は「2600万円」を超える程度です。

そして、セミリタイア資金が3000万円より少ないと、セミリタイア後の生活に支障が出る可能性があります。

それは、セミリタイアすると収入が少なくなる。老後は年金以外に収入がないとなると、最終的に生活が破綻する可能性があるから。

そのギリギリのラインが、私の場合は3000万円ということです。

60歳まで働くとか無理

逆にセミリタイア資金が3000万円より多い(4000万円とか5000万円)と、今の私の収入だと定年退職の60歳とかそれ以上…

セミリタイア資金のために、週休2日で1日8時間以上、普通に働かなくてはならない。

それならばなにもセミリタイアなど考える必要はなく、定年退職まで普通に働けば良いということになります。

とにかく、私のセミリタイア資金のボーダーラインは、今のところ3000万円ということです。

とはいえ、その3000万円を見て思うのは「やはり少ない」ということです。

資金3000万円でもセミリタイアは可能ですが、正直な話しをすると5000万円ぐらい欲しいのが正直なところ。

生活費を下げることが肝心

そこで、資金3000万円でセミリタイアするには「いかに生活費を下げるか!」ということが肝心になると思います。

ちなみに、現状の生活費は月10万円前後。

それをセミリタイア後には、9万円とか8万円とかに下げることができれば、セミリタイア資金が少ない不安は解消される。

というのも、私の年金は確か月9万円前後(予想)なので、生活費が月9万円ならば、老後は年金だけで生活できるから。

さらに生活費が月8万円ならば、老後の生活費はむしろ毎月黒字になる。

そこで、仮に年金支給が65歳だとして私の年齢から逆算すると、年金支給までの約15年をいかにしのげればということになる。

もっといえば、この15年をセミリタイア資金の3000万円でしのげれば、あとは死ぬまで生活には困らないということになる。

あくまでも「今以上に生活費を大幅に下げる」ということが前提ですが。

最後に

とにかく、セミリタイア資金が少ない私からするとセミリタイア後は、いかに生活費を下げるかというのが肝心になる。

とはいえ、セミリタイア後に生活費を下げ過ぎて、何もできないどこにも行けないでは、セミリタイアした意味がなくなってしまう。

そうならないように、切り詰めるところは切り詰めて、使うところは使うというふうに…

生活費に対するメリハリというか区切りみたいなものを、しっかりと付けて生活しなくてはならないと思っています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました