株価急落の大暴落でセミリタイアを止めてしまう人も!

スポンサーリンク

新型コロナで株価が暴落中

新型コロナの影響で、株価が大きく下がっています。

そして、新型コロナは未だに収束していませんので、株価が下げ止まることはなく、ズルズルと値を下げています。

ちなみに、前年度末の日経平均は、終値で「23,656円」でした。

そして、現在の日経平均といえば「16,887円」(3/23・終値)になりますので…

二つの日経平均を比較してみると、計算せずにパッと見ただけでも、大きく下げているとわかると思います。

それだけ株価が大きく下がっているということです。

暴落率は約29%

ちなみに、去年末と現在の日経平均株価を計算してみると、暴落率は「約29%」になります。

それを例えるならば、3000万円の資産を株に投資していたら…

足ったの3ヶ月程度の短い期間で、900万円程度の損失になっているということです。

それが5000万円なら1500万円の損失、1億円なら3000万円の損失になります。

そして、こんな早いペースで株が暴落したのは、後にも先にも私が知る限りでは、見たことがありません。

株に投資している人は、それだけ大損していると思います。

セミリタイアを止める人も!

ネットで読んだのですが、株に投資していて資産を半分減らしてしまった人もいるようです。

それでも100万円が50万円になったとかなら、我慢できない損失ではないと思います。

しかしこれが、仮に1億円の資産が5000万円になってしまったとかだと、ダメージは相当大きいと思います。

そのことで、今後の生活設計とか老後設計などが崩れることになると思います。

また、セミリタイアしている人の多くは、私が知る限りでは、株に投資している人が多いと思います。

そして、今回の新型コロナの影響で資産の多くを失ってしまい、セミリタイアを止めてしまった人もいるようです。

資産の多くを株に依存するのは危険

セミリタイアを止めるとなると、セミリタイアしていた期間が長ければ長いほど、厳しい状況に追い込まれると思います。

それは、働いていないブランクが長いことで、働く気力がなくなっていたり、年齢的な問題も大きいと思います。

しかし、こればかりは残念ですが仕方がないと思います。

そこでこういったときに思うのは、資産の多くを株に投資するのは危険だということです。

それでも、今まで株に投資していたからこそ、資産が多く増えたことで、セミリタイアできた人もいると思います。

そこで、株に投資するにも一長一短があると思います。

その辺を深く理解せず、株に多くの資産を投資してしまうと、こういったときに厳しい状況に追い込まれてしまいます。

最後に

そこで、今後はどうすれば良いのかということですが…

今のような先が見えない状況のときには、無理をせず一旦手仕舞う(株を全て売り払う)という方法があります。

しかし、言うのは簡単ですが手仕舞うというのは、勇気がいる行動だと思います。

もしくは、資金的に余裕があるなら買い進んで、今後の大きなリターンを期待するという方法もあります。

ただしそれは、丁半博打で危険だと思いますので、どちらにせよ判断が難しいと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました