セミリタイアとリタイアは違いますので一緒にすることなかれ!

スポンサーリンク

セミリタイアはまだまだ認知されてない。

セミリタイアブログを書いている人などは、セミリタイアとリタイアは違うことだとすぐにわかると思います。

しかし、セミリタイアのことを全く知らない人は、セミリタイアもリタイアも差ほど変わらないものだと思っている人もいるようです。

そこで、セミリタイアとリタイアをゴッチャというか同じものとして、語っている人をたまにネットなどで見掛けます。

それは、セミリタイアが世間にまだまだ認知されていない。ということだと思いますので、理解されてなくても仕方ないと思います。

そこで、セミリタイアとリタイアの違いを、以下に少し書きたいと思います。

セミリタイアとは

セミリタイアとは、リタイアとは違い「働かないこと」ではありません。

セミリタイアとは、働く時間を極力減らして、開いた時間を自分の好きなことに使うことで、より自分らしい生き方をするということです。

そして、セミリタイアは働くことが前提ですので、それがアルバイトだったり、株や不動産などの投資だったり、自営業だったりします。

いわゆる、社畜から離れて別世界で生きるということです。

それは、リタイアできるほど多くのお金はないので、少しでも収入を得ながら生活するということです。

リタイア(アーリーリタイア)とは

一方、リタイアとかアーリーリタイア(早期退職)とは、仕事を退職した後は働かず、株の配当金だったり、貯金などを取り崩して生活することです。

ちなみに、定年退職前に仕事を辞めてしまい、働かないで生活することを「アーリーリタイア」(早期退職)といいます。

一方、定年退職後に、働かないで生活することを「リタイア」といいます。

また、アーリーリタイアといってもわからない人もいると思いますので、アーリーリタイアのことをわかりやすく簡略して、リタイアという人もいます。

ですので、セミリタイアとは、少ないながも働いて収入を得ることで、リタイアとは、基本的に働かないことになります。

セミリタイアとリタイアは違います。

セミリタイアとリタイアを違いを簡単に説明すると、働くか働かないかの違いになります。

そして、セミリタイアという言葉を全く知らない人にとっては、セミリタイアもリタイアも同じだと考えてしまうと思います。

そこで「セミリタイアとリタイアは違うんですよ。」ということで、セミリタイアとリタイアの違いを、上記に少し書いてみました。

そして、リタイアとは違いセミリタイアというと、世間のイメージは良いとはいえないと思います。

セミリタイアの世間のイメージは悪い?

それは、セミリタイアすると家にいる時間が多くなると思いますので、人によっては「働いていないダメな人」と思う人もいると思うからです。

一方、リタイアとなると定年退職するまで、きちんと仕事を勤め上げていますので・・・

働かずにずっと家にいたとしても、真面目な人などと見られると思います。

そこで、今後はセミリタイアがもっと世間に認知されることで、世間体などを気にしないで、セミリタイアできることを願っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
セミリタイア
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ