セミリタイアという言葉が少しずつ世間に浸透しつつある気がする。

スポンサーリンク

セミリタイアが世間に浸透しつつある?

私が、セミリタイアブログを始めた7年ぐらい前は、セミリタイアという言葉を見たり聞いたりすることは、それほどありませんでした。

そして何より、セミリタイア系のブログ自体が、今よりかなり少なかったように思います。

しかし、最近では以前に比べると少しずつですが、セミリタイア系ののブログが増えているように感じています。

また、ネットでもセミリタイアというキーワードが、少しずつ増えているように思います。

セミリタイアは世間体が悪い

このブログに何度か書いているのですが、セミリタイアといえば「世間体が悪い」というのがあると思います。

それは、セミリタイアすると、普通に働くことはなく、自宅にいる時間が多くなりますので、世間体としては、よろしくないということです。

しかし、セミリタイアという言葉が、世間に広まれば・・・

セミリタイアが世間に知れ渡り、世間体が悪いと思う人は、自然に少なくなると思います。

そこで、セミリタイアという言葉が世間に広まることは、私は良いことだと思っています。

セミリタイアが世間に広まるメリット

セミリタイアは、まだまだ世間で認知されてないと思います。

その理由としては、セミリタイアといっても、大抵の人は何のことだかわからないし、理解もしていないからです。

しかし、セミリタイアという言葉が、世間の人に多く知れ渡ることになれば・・・

例えば知り合いなどから「今、何してるの?」と聞かれても「セミリタイアしてます。」と、気兼ねなくいえると思います。

セミリタイアした人は、それだけでも精神的に楽になると思います。

セミリタイアで面倒な「今、何してるの?」

そして、近所、友達、両親、親戚などに会って、一番始めに聞かれることといえば・・・

それは「今、何してるの?」という言葉になると思います。

そして、今何してるのと聞かれるたびに、セミリタイアのことを一から説明するのは、とても面倒なことだと思います。

もしくは、世間体を考え嘘を付いて、仕事をしてる体(てい)で話しを進めるしかないのが、今のセミリタイアの現状だと思います。

そういったことを考えると、セミリタイアに踏み切れない人も中にはいると思います。

最後に

残念なのは、現状でセミリタイアが「悪いこと」にされてまっていることです。

それは世間では、仕事をしていない人や働いていない人は、ダラしがない、いい加減、不真面目、やる気がないなどと思われてしまい・・・

そこで「セミリタイア=仕事をしていない人」ということで、同類にされてしまうからです。

そして、セミリタイアした人の中には世間体を考え、仕事をしています。働いています。ということにしている人もいると思います。

ということで、セミリタイアという言葉が早く世間に認知され、多くの人に浸透して欲しいと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

セミリタイア
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ