セミリタイアする年齢別に必要な資金を計算してみました。

スポンサーリンク

25歳でセミリタイアした場合①

まず、25歳で独身、その後も独身という仮定でセミリタイアした場合、セミリタイア資金を以下に計算してみました。

仮にバイト代が「月5万円」とすると…

生活費月5万円(生活費10万円-バイト代5万円)×12ヶ月×40年=2400万円

さらに、年金だけでは老後は足りないと思いますので、65歳以降については…

85歳まで生きるとして、年金が65歳から月5万円支給とすると、生活費5万円(生活費10万円-年金5万円)×12ヶ月×20年=1200万円

上記を合計すると「約3600万円」が、セミリタイア資金として必要になる計算です。

25歳でセミリタイアした場合②

上記はあくまでも概算で、バイトの収入を増やすとか…

バイト以外に副業するなどすれば、3600万円以下でもセミリタイアは可能です。

また、バイトなどの仕事や副業などは「65歳まで」続けることで計算しています。

そして、生活費が多いとか少ないなどでも、セミリタイア資金は個人によって変わります。

また、上記はあくまでも概算ということで、ご理解下さい。

そして、冠婚葬祭とか家電が壊れたとか、生活必需品が突発で必要になったとか、突然の出費については、一切加味していません。

他の年齢でセミリタイアした場合

上記の例にならって、年齢別(独身の場合)にセミリタイア資金を計算すると…

・35歳・・・3000万円

・45歳・・・2400万円

・55歳・・・1800万円

上記はあくまでも概算になります。

また、若くしてセミリタイアした場合と、40代とか50代でセミリタイアした場合は…

年金の支給額などが変わると思いますので、繰り返しになりますが、上記はあくまでも概算になります。

家族持ちなどの場合について

そして、独身以外の家族持ちなどについては、上記の計算よりセミリタイア資金が、多く必要になると思います。

むしろ家族持ちの人は、資金的に余程の余裕がない限り、セミリタイアはしない方が、私は良いと思います。

それは、例えば子供がいれば教育費などが、今後がどれだけかかるかわからないからです。

そして、授業料などが高い私立の学校に行きたいとか、留学したいとなれば、想定していたより多く教育費がかかります。

また、結婚していれば、子供ができたりすることもあると思います。

ということで、将来において不明な点が多いので、家族持ちなどは、セミリタイアは避けた方が良いと思います。

最後に

こうして改めて計算してみると、思ったよりもセミリタイア資金は、少なくて済むのかなと思いました。

ただし、上記は最低ラインというか、必要最低限のセミリタイア資金になります。

そこで、例えば持ち家で、自宅のリフォームが今後必要になるとか、病気などの不安があるので、資金を多目に持っていたいとか…

そういったことなどを加味すると、上記より多くの資金が必要になると思います。

むしろ、そういったことなどを加味して、セミリタイア資金は、少しでも多目にあった方が良いと思います。

それは、お金は多くあればあるほど、何かと役に立つというか安心できますからね。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました