51歳のタクシー乗務員が貯金3000万円でセミリタイア希望

スポンサーリンク

51歳のタクシー乗務員がセミリタイア希望

独身の男性会社員、普段の業務に休みがなく、肉体的にも精神的にも、きつい毎日を強いられています。

そこで、51歳になり今後を考えて、時短勤務によるセミリタイアを検討しています。

今の会社は休みが少ないので、近々仕事の出勤日数を減らしたいと思案しております。

そうなれば、必然的に収入も減ります。

私の推測では、セミリタイア後の年収は、300万円~350万円ほどになると思います。

生活費が少なく良いと思います。

現在の生活費は毎月「11万円」ほど、貯金は「3000万円」あるとのことです。

老後は少し多めに計算して、毎月の生活費は14万円

また、何かあったときのために多めに計算をすると、生活費は年間200万円もあれば、お釣りがくることになります。

今の仕事で一番つらいのは、自身の時間がないことで、そのことで、精神面で追い詰められていると感じています。

また、完全なリタイアをすると、預金が底をつくのは見えています。

そこで、セミリタイア的な感じで、人生の「余韻」を楽しめればと思っております。

セミリタイアは十分可能だと思います。

まず、セミリタイアで重要なのは、生活費を少なく抑えることだと思いますので、月11万円の生活費は少なく良いと思います。

また、生活費が月11万円で、セミリタイア後の年収が300万円~350万円なら、十分やっていけると思います。

むしろ、年収から見て生活費のことを考えると、余裕があると思います。

また、独身ですので仮に収入が上記より減ったとしても、一人身なら何とかなると思います。

さらに、貯金が3000万円あるとのことで、そこを考えても大丈夫だと思います。

拘束時間が長ければ…

ただし、心配だと思うことが一つあります。

それは、セミリタイアしても、タクシーの仕事を続けるとのことですが…

今より勤務時間を減らしても、上記の年収300万円~350万円を稼ぐのは大変なのでは?

もっといえば、タクシー乗務員で年収300万円~350万円を稼ぐには…

私の想像の範囲ですが、時間的な拘束がそこそこ長くなるのかなと思います。

そして、仮に拘束時間が長くなれば、セミリタイアした意味が薄くなると思います。

最後に

また、現在の仕事で精神的に追い詰められているとのことで、その点でも…

セミリタイアしたとしても、仕事の拘束時間が長ければ、精神面の回復が遅れたり、回復しない場合もあると思います。

そこで、貯金が3000万円あるとのことで、セミリタイア後の収入のことは、あまり深く考えないようにして…

気楽というか無理のない範囲で働くということで、セミリタイアするのが良いのかなと。

個人的に私はそのように感じました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました