セミリタイアで惨めになりたくなかったら断捨離がオススメ

スポンサーリンク

断捨離とは

断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想のこと。

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

断捨離では、不要な物を断ち捨てることで、物への執着から離れることになります。

そして、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的になります。

断捨離って何なの?

結局のところ、断捨離とは・・・

・いらない物は持たない。
・いらない物は捨てる。

上記の2点が重要で、無駄な物を持たず生活をスッキリすることで、心も気持ちもスッキリさせて生きることだと、私は理解しています。

これは、断捨離に対する私の解釈ですので、もし間違っていたらスイマセン。

物や行動に執着することなかれ!

人には物欲があり物に執着するので、他人から家を持っているかとか、車を持っているかなどと聞かれると、必要もないのに欲しいと思ってしまう。

そして、収入が少ないにも関わらず、借金してまで買ってしまう。という人も中にはいると思います。

ただし、家でも車でも生活に必要な物なら話しは別で、買っても良いと思います。

とにかく、必要ない物は必要ない物ですので、話しのネタになるぐらいで、無駄にしかならないということです。

また、テレビやパソコンなどが必要だとしても、無駄に高性能な値段が高い物はいらず、必要最低限の機能さえ使えれば、それで良いと思います。

無駄な買い物や行動が老後に惨めになる。

もちろん、上記に書いたように必要があるならば、テレビでもパソコンでも、高性能で値段が高い物を買っても良いと思います。

また、行動なども他の人が「〇〇に旅行にいった。」「〇〇で食事をした。」など、そんな話しを聞くと、羨ましく思ってしまうと思います。

しかし、断捨離して物や行動に執着しなければ、羨ましいとは思わないので、結果的に無駄にお金を使うことはないと思います。

結局、物や行動に執着することでお金がなくなり、最終的に働けなくなった老後になって、老後破綻や老後崩壊で、老後の暮らしが惨めになってしまう。

そこで断捨離することで、老後も今と変わらず心豊かに暮らして行く。それが断捨離の考え方だと思っています。

セミリタイアと断捨離について

断捨離の考え方は、特に私のような無駄にお金を使えない、低資金でのセミリタイアを考えた場合、必要な考え方だと思っています。

ただし、断捨離のために好きなことや趣味など、捨ててしまうのは違うと思いますので、多少お金が掛かったとしても、趣味などは続けるべきだと思います。

それが私の場合は、食べること、ブログを書くこと、旅行に行くことなどになりますので、断捨離することで、無駄なことは省き・・・

そして、無駄なことを省く一方で、好きなことや趣味などは継続して行くというのが、セミリタイアには大切だと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
セミリタイア
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ