減配や優待改悪の情報が出たら何も考えずに即売る。

スポンサーリンク

コニカミノルタが減配

私は減配や優待改悪の情報が出たら、何も考えずに即売ることにしています。

理由は、このブログに何度も書いているのですが、配当+優待で20年以内にペイできる株を買うと、私は決めているからです。

ペイとは、採算がとれること。収支が見合うこと。で、20年以内に買値と同額以上の返しがある株を買っています。(できれは15年以内)

例えば、1ヶ月ぐらい前に「コニカミノルタ」を買ったのですが…

決算内容が悪かったことで株価が下がり、その後減配を発表したことで、さらに株価が下がりました。

決算内容が悪くても、配当さえしっかり出してくれれば問題なかったのですが、減配されては、私にとって持っている価値はありません。

ちなみに配当は「35円」だったのが「20円」へと大きく減りました。

配当未定の藤久

減配や優待改悪の情報が出ても、株価が下がる株もあれば、下がらない株もあります。

その辺は内容次第で、ケースバーケースになると思います。とは言え、大抵の場合は下がると思います。

直近で言うと「オリックス」は、2年後の優待廃止を発表しましたが、2年後と言うこともあり、現状の株価は大きく下げていません。

また、今年売った「藤久」については、前期の32円の配当を「未定」に修正したので、すぐに売りました。

ちなみに、現在の株価は売ったときよりも若干戻っていますが、すぐに売って正解だったと思っています。

理由は、売った瞬間に藤久のことを、頭の中から切り離せたからです。

これで仮に売ってなかったら、未定にした配当が今後どうなるのかとか、経常利益を下方修正したことで…

優待を廃止するかもとか、この会社大丈夫なのかとか、いろいろ悩んでいたと思います。

ダメ株を持っていても無駄

私の一番の問題は、そう言った株(減配や優待改悪があった株)を持っていることで、悩んでしまうことです。

例えば「持ち続けていたら株価が戻るかも」とか「いつのタイミングで売ろうか」とか。

そんなこと考えるだけ無駄で、無駄なことを考えても、結局のところ無駄でしかないと思っています。

なぜ無駄なのか、それは上記にも書きましたが…

減配や優待改悪したことで「配当+優待で20年以内にペイできる株の法則」から外れてしまうからです。

これが一転して、キャピタルゲイン狙いで、会社の将来性とか今の情勢などを考えて…

減配しようが優待改悪しようが、今後株価が上がると思うなら、黙って持ち続けても良いと思います。

レバナスの下げがキツイ

ちなみに、私は日本株の場合は、配当+優待狙いで買っているのですが…

日本株以外も買っていて「レバナス」(レバレッジ・ナスダック)も「投信積立」で買っています。

そして、現状を見ると下がり続けているのですが…

私は、ナスダックの将来性を信じているので、下がり続けても当面は買い続ける予定です。

ちなみにレバナスは、すでに買値の「40%以上」も下げています。(泣)

これが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、自分の信じた道を突き進むのみです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました