セルフスタンドを利用しても節約にならない場合がある。

スポンサーリンク

セルフは単価が2円安い

節約のために「セルフスタンド」(以下、セルフ)を利用している人は多いと思います。

その理由は、セルフだとガソリンの単価が「2円程度」安くなるからです。

1リットルで2円違うとなると、車を頻繁に使っている人は、大きな違いになると思います。

特に節約を意識しているとか、節約を熱心にしている人などは、1リットルで2円の差は大きいと思います。

例えばガソリンを毎月200リットル入れる人は、セルフを使うと「約400円」安くなります。

その400円を例えば、電気代とか水道代などで節約しようとすると、そこそこ大変なことになると思います。

日常点検は自分でやる

セルフでは、基本的にスタッフは対応してくれません。

そこで、空気圧やエンジンルームなどの日常点検は、すべて自分で行わなければいけません。

一方、フルサービススタンド(以下、フルサービス)では、スタッフが対応してくれます。

そこで、自分で日常点検をするのが面倒とか、車(整備)にうとい人などは、フルサービスの方が楽だと思います。

一方、セルフだと日常点検が疎(おろそ)かになりがちだと思います。

そこで日常点検を省いてしまい、車の異常に気付くのが遅れてしまう場合があります。

事故を起こしては元も子もない

車に異常があった場合、車を修理したり事故を起こしてしまったりで、後々やっかいなことになる場合もあります。

そこで、日常点検が疎かになりがちなセルフは、使わない方が良い場合もあります。

さらに単価が2円安いがために、車を修理したり事故を起こしてしまっては、元も子もないと思います。

そういったことを考えると、セフルは使わない方が良い人もいると思います。

しかし、フルサービは日常点検後に、不要な整備を押し付けられる場合もありますので、その点で注意が必要になります。

そこで、セルフとフルサービスのどちらを使うにせよ、日常点検については、最低限の知識が必要になると思います。

スタッフ常駐のセルフもある

とはいえ、セルフでもスタッフが常駐していて、日常点検してくれるスタンドもあります。

そこで、日常点検を忘れがちとか苦手という人は、そういったセルフを利用すると良いと思います。

セルフを使っていて、例えば日常点検の不備でタイヤがバーストした場合、自分でスぺヤタイアを交換しなければなりません。

そういったことができないとなると、最終的にJAFや業者を呼ぶことになります。

その手間賃は、ケースバイケースになりますがが、最低でも1万円以上になると思います。

そこで、セルフで単価を2円安くしても、故障の手間賃で1万円以上を払っていては、節約にはなりません。

最後に

ということで、節約を考えてセルフを使うにしても…

最低でも日常点検ができる程度の知識があるのが、前提条件になると思います。

そして、セルフでも定期的に日常点検することで、車の異常に気付くのが遅れるのを避けることができます。

ということで、セルフを使えば節約できるから良い。ということではなく…

場合によっては、セルフではなくフルサービスを使った方が良い人もいると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました