自制心に負けて貧乏になりやすい人とはどんな人なのか?

スポンサーリンク

自制心がないと貧乏になる!

貧乏になりたくないなら、徹底的に自制心を守るべし!というのが、今の心理学の常識です。

特に大事なのが最初の一歩です。

一度でも自制心が崩壊すると、次から次へと誘惑に負けてしまいます。

だから、最初の一歩で踏みとどまることが、何よりも大事です。

とはいえ、自制心を崩壊させるワナは、世の中にたくさんあります。

ファーストフードを食べると貧乏になる

例えば、ファストフードを食べ過ぎると、貧乏になるかもしれない。

そんな研究結果があります。

それは、ファストフードが美味しすぎるせいで、脳が暴走してしまい・・・

自制心が崩壊してしまうのが、原因だと考えられています。

そこで、ファーストフードを食べるのに多くお金を使ってしまい、貧乏になってしまうということです。

多忙な人は貧乏になりやすい

時間をかけずに、美味しく食べられるファストフードは魅力的で、つい手を出しやすいので、気をつける必要があります。

また、多忙な人ほど貧乏になりやすい。という研究結果も発表されています。

それは、多忙は人ほど衝動買いの誘惑に負けやすく、常に刺激を求めるようになってしまう傾向が見らるそうです。

それは、多忙だと自制心が崩壊してしまい、貧乏体質になるということだと思います。

多忙のストレスで、衝動買いなどを多くしてしまうということです。

脳が味を覚えている

ちなみに、私もファーストフードをたまに食べるのですが、以前に比べると買う機会が多くなったと思います。

それは、ファーストフードを一定期間食べてないと、たまには食べたいと思ってしまいます。

そして気付いたときには、ファーストフード店で商品を買っている。といった状況です。

それは偉い先生いわく、脳がファーストフードの味を覚えていて・・・

一定期間食べてないと、食べたい欲求が頭の中に満載してしまい、買わずにはいられない状況になるからだそうです。

そこで、確かに自制心がなければ、貧乏になってしまうと思います。

最後に

それは、自制心がないとあれも欲しいこれも欲しいと、欲しいと思った物を全て買ってしまうからです。

しかし、ときには自制心を開放しないと、リバウンドしてしまうと思います。

例えば、ダイエットで食べたい物をセーブして食べないでいると、食べたい欲求が貯まる一方になります。

そのことでリバウンドしてしまい、ダイエットする前より体重が増えてしまった。という人が少なくないと思います。

そこで、自制心は大切だと思いますが、ときには羽目を外すことも大切だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました