今やセブンイレブンより儲かる可能性があるセブン銀行とは?

スポンサーリンク

セブンア&アイといえば?

会社の「セブン&アイ」(セブン&アイ・ホールディングス)といえば・・・

誰もが思い出すのが、コンビニで最多数を誇る有名な「セブンイレブン」になると思います。

そして、セブン&アイが行っている事業の中で最も収益が高いのが、そのセブンイレブン(コンビニエンスストア事業)になります。

次いで、収益が高いのが「セブン銀行」(金融)になるそうです。しかし、セブン銀行といわれてもピンと来る人は少ないと思います。

セブン銀行とは

それは、銀行大手の三菱、三井、みずほなどのような、店舗(支店など)などを構えているというわけではなく・・・

さらに、ほとんどの人が利用している銀行といえば、上記の大手銀行になるからです。

もしくは、郵便局とか地域に密着している〇〇信用金庫などで、セブン銀行をメインバンクとして使っているという人は、非常に少ないと思います。

ちなみにセブン銀行とは、セブンイレブンに行くと店の片隅にATMが設置されていると思いますが、凄く簡単にいうとあれがセブン銀行です。

昔のコンビニにはなかったATM

そして、セブン銀行の経営収益は、毎年上がっているそうです。

なぜそれほど知られていない、セブン銀行の収益が上がっているのかというと、それはATMの設置数の増加と共に収益が上がっているということです。

セブンイレブンに行くと、店の片隅にATMが設置されています。そのATMを利用する人は、手軽に利用できることで最近多いと思います。

しかし数年前を考えると、ATMが設置されているセブンイレブンは少なかったと思います。

それが今では、多くのセブンイレブンにATMが設置されているということで、それだけ収益が上がっているということです。

ATMに目を付けた人は凄い!

それだけ銀行業務は儲かるということになると思います。もちろん、銀行業務が儲かるといっても、やり方次第だとは思いますが・・・

それにしても、コンビニにATMを設置するサービスに目を付けた人は凄いと思います。

コンビニにATMを設置すれば、コンビニに来たの利用客が気軽にATMを利用しますので、その手数料は膨大だと思います。

また、コンビニ内には店員がいますので、防犯に関して無料で行なうことができるなどのメリットもあります。

さらに、ATMを利用する人をコンビニの客として取り込めますので、ATMを設置すれば、一石二鳥にも三鳥にもなるということです。

コンビニは飽和状態だけど・・・

コンビニについては、現在飽和状態ですので、コンビニ業務だけで利益を伸ばすというのは難しいことだと思います。

そこで目を付けたのが、上記に書いた銀行を作り、各コンビニにATMを設置することで、収益を伸ばすということです。

そして最近あるのが、例えばコンビニで宅急便を受け取れるとか、コンサートのチケットを買えるとか、いろいろなサービスがあると思います。

そういったコンビニを利用した事業展開は、今後も増えていくと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ