副業したくてもできない人たちのそれぞれの事情と言い分

スポンサーリンク

副業したいけど実際は…

人材サービスの「エン・ジャパン」の調査によれば・・・

35歳以上の会社員の「約68%」が、本業以外に副業したいと考えていると、回答しているそうです。

しかし、実際に副業をしている人は、全体のわずか「約24%」になるそうです。

そして、私はこのブログから少ないですが、収入を得ています。

そこで、副業しているということになると思いますが、その収入は想像以上に少ないです。

なかなか動き出せない!

あるメーカーで、経営企画などを行う会社員の30代男性(Aさん)は、年収700万円になるそうです。

そこで、平均的なサラリーマンと比べて、年収は高いものの将来への不安もあり、副業をしたいと考えているそうです。

しかし、具体的な目標もあるわけではなく、金銭的に切羽詰まっていることもないので・・・

なかなか動き出せないでいるそうです。

そこで思うのは、年収700万円もあるのなら、無理に副業などすることなく、本業を頑張った方が良い気がします。

ブログで副収入を考えるも…

ブログを書いてちょっとした副収入を得ている人が少なくない。

そこで、30代の女性会社員(Bさん)は、ブログを開始しようと試みましたが、なかなか進んでいない。

いつか文章でお金を稼いでみたいと考えていたので、手始めにブログを開設しました。

しかし、本業が忙しいことを理由に、ブログを開設してもあまり投稿せずに放置している。

そして、しばらくして新しいブログを作り直す、ということを繰り返しているそうです。

途中でバイトを辞めてしまったCさん

実際に副業に挑戦しましたが、途中で断念した経験を持つのは、20代の女性(Cさん)

副業先として選んだのは、自宅近くにあるフレンチ料理店のウェイトレスの仕事

学生時代にカフェでアルバイトの経験があったことから、接客業に対してのハードルは低かったそうです。

しかし、憶えないといけない知識や、お店ならではの取り決めが想像以上に大変

さらに過酷な肉体労働で、本業の仕事にも疲れが出るようになり、2か月で辞めてしまったそうです。

副業するのは簡単ではない

私も過去に、副業しようと思いバイトを探しましたが、断念した経験があります。

それは、仕事帰りに軽く2~3時間できるバイトは少なく・・・

私は年齢が高く、接客の経験もないので、仕事の幅というか種類が限られてしまいます。

さらに、毎日バイトするとなると体力的に厳しいので、週2~3日でも可能という都合は少なかったです。

そして、数社面接を受けるも、全て不採用でした。

そういったことで副業するにも、簡単にはコトは運ばないと感じました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事・副業
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました