30代と40代で貯金ゼロが23%もいると話題らしいですね!

30代40代で貯金ゼロが23%

SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表しました。

その内容は「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が、前年比6ポイント増の「23.1%」になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下

同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と分析している。

貯蓄額の平均は、30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、40代は同120万円減の196万円だった。

5人に1人が貯金ゼロ

上記を読むと、30~40代の5人に1人が、貯金ゼロで蓄えがないということになります。

それが本当のことなのか、真偽のほどは不明で定かではありませんが・・・

まず、仮に貯金がゼロだったとしても、相応の収入があるなら、それはそれでいいのではとも思います。

その理由は、相応の収入があるなら焦らずというか、後からでも貯金することが、十分に可能だと思うからです。

さらに収入が多ければ、それだけ多く貯金できると思います。

貯金ゼロでもいろいろなパターン

また、貯金がゼロでも、不動産や株などの資産を持っているとか、収入が少なくても日々の生活が充実しているとか・・・

貯金がゼロでも問題ないという、そういった人などもいると思います。

そこで、仮に貯金がゼロだったとしても・・・

その全ての人が、不遇とか不運とか不幸なのかといわれると、そうではないと思います。

結局「貯金がゼロだから何なの?」という話しになると思います。

貯金ゼロで不幸だと思うのは…

貯金がゼロで不幸だと思うのは、貯金がないことで現在や将来に、絶望などしている人だと思います。

それは、収入が少なく貯金もままならい。毎日働くだけで何の楽しみもないなど。

そういったことなどで、現在のこともそうですが、将来に対する目標などを持てずにいることだと思います。

そして、どうせ調査をするなら、そういった人たちの状況を知りたいと私は思う。

最後に

私自身、40代後半にしては、貯金が多い方ではないと思います。

それ以上に厳しいのは、年齢が高い割には、収入(給与)が少ないことです。

それでも、将来的にセミリタイアしたいと思い、いろいろ試行錯誤していることが、今の生きる希望の一つになっています。

そこで、私の現在の収入は少ないですが、セミリタイアの目標に向けて、無理せず頑張りたいと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました