年寄りはカネを持っているというのは本当のことなのか?

スポンサーリンク

年寄りはカネを持っている?

日本では、誰がお金を貯めているのか?

それは、年代別に見れば一目瞭然です。

例えば60代では、1000万円以上の貯蓄保有世帯が4割もあり、7世帯に1世帯は3000万円を超えています。

それは、年寄りがカネを持っているは、本当だったと言うことです。

その一方で、貯蓄ゼロ世帯が急速に増えています。

30代世帯の貯蓄額

日本では、ひと握りの「貯蓄4000万円以上」世帯が平均を引き上げるています。

一方で「200万円未満」が、6世帯に1世帯と最も多い。

また、30歳未満で最も多いのは「貯蓄なし」になりますが、年齢が若いので、当然と言えば当然だと思います。

そして、30代でも100万円台が最多になります。

また、30代世帯で3000万円ある世帯は、同世代で1%程度にとどまっています。

子供にはお金がかかる。

それを多いと見るか少ないと見るか、それは人それぞれだと思います

とは言え、30代世帯で貯金3000万円以上が1%程度と言うのは、私は少ないと思います。

そのことを反映してか、現在日本では少子化が年々進んでいます。

そして、子供を1人育てるには、1000万円かかるとも2000万円かかるとも言われています。

そこで、お金がなければ子供を育てることはできません。

日本の家計貯蓄率は低い

1991年、日本の家計貯蓄率は「16%」もあり、先進国では最高水準でした。

それを言うなれば「日本人は貯めるばかりで使わない」と世界各国から言われていました。

しかし、バブル後は、家計貯蓄率は急速に低下しました。

それは、日本人がムダ使いに目覚めたのではなく、貯蓄に回すお金がなくなったからです。

ちなみに、日本の家計貯蓄率は現在1.9%で、アメリカやイタリアでは、4%を貯蓄に回しているそうです。

お金がないと不安しかない。

表向きでは、お金なんて使うだけあれば良いので、いくら貯金があろうと、どうでも良い話しだと思います。

しかしそうは言っても、お金がなければ何かと不安になると思います。

その不安とは、もし会社をクビになったら?もし病気になったら?もし老後に破綻したら?などのことです。

そして、私自身も仮に貯蓄がゼロだとしたら、不安で不安でたまらないと思います。

そこで、その不安を解消するために、コツコツとお金を貯めていますが、それが正解なのかは、私にはわかりません。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました